Research press release

パーキンソン病患者由来の幹細胞

Nature Communications

Stem cells from Parkinson’s disease patients

パーキンソン病患者の皮膚細胞から誘導多能性幹細胞を作製することで、パーキンソン病の特徴を模倣できることがわかった。この幹細胞を用いれば、パーキンソン病をいっそう正確に研究でき、その原因となるタンパク質の発現を減らすことができる化合物の同定にも役立つ可能性がある。この研究結果を報告する論文は、今週、Nature Communicationsに掲載される。

M Devine、T Kunathの研究チームは、α‐シヌクレイン遺伝子のコピー数の多い家族性パーキンソン病患者の皮膚細胞を用いて、ニューロンに分化しうる誘導多能性幹細胞を作製した。こうして得られたニューロンは、パーキンソン病にかかっていない家族の細胞の2倍のα‐シヌクレインを産生し、このニューロンがパーキンソン病の特徴を有していることが明らかになった。今回得られた幹細胞は、パーキンソン病が引き起こされる機構の発見に役立ち、α‐シヌクレイン濃度を低下させられる化合物の同定につながるかもしれない。

The production of induced pluripotent stem cells from the skin cells of a Parkinson’s disease patient mimic the features of the disease reports a paper published in Nature Communications this week. These cells can be used to study the disease more accurately and may aid in the identification of compounds that can reduce the expression of proteins responsible for the disease.

Michael Devine, Tilo Kunath and colleagues, used skin cells from a patient with familial Parkinson’s disease that carries elevated copies of the gene alpha-synuclein. The cells were used to generate induced pluripotent stem cells that could then be differentiated into neurons. The resulting neurons produced twice the amount of alpha-synuclein compared to cells from an unaffected family member, demonstrating that features of the disease were retained in the neurons. These cells may aid in the discovery of the mechanisms that lead to Parkinson’s disease and may permit the identification of compounds that can reduce alpha-synuclein levels.

doi: 10.1038/ncomms1453

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度