Research press release

元の有機半導体より高性能な半導体誘導体

Nature Communications

Semiconductor prodigies outperform their parents

既知の有機半導体の誘導体をスクリーニングすることによって、新しい高性能な半導体を合成できることが明らかになった。高い移動度と高い空気安定性を有する新しい有機半導体の開発によって、有機エレクトロニクス分野の発展が期待される。今回の研究成果を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。 A Aspuru-Guzikたちは、拡張オリゴチオフェンという有機半導体候補のコンピュータースクリーニングを実施した。その結果、移動度が親分子の2倍になると予想される新しい化合物が同定された。また、この化合物の合成と特性解析によって、これが高性能な半導体として有望なことが明らかになった。Aspuru-Guzikたちは、太陽光発電、フレキシブルディスプレイ、センサーなどエレクトロニクス分野のための新規材料の合成と特性解析にこの方法を用いることができると考えている。

New high-performance semiconductors can be synthesized by screening derivatives of known organic semiconductors according to a study in Nature Communications this week. The development of new organic semiconductors with high mobility and air stability will facilitate the field of organic electronics.Alan Aspuru-Guzik and colleagues perform computational screening of potential organic semiconductors known as extended oligothiophenes. They identify a new compound expected to be twice as mobile as the parent molecule. Synthesis and characterization of this compound reveals that it has promise as a high-performance semiconductor. The authors suggest that this approach can be used to synthesize and characterize novel materials for applications in electronics, such as photovoltaics, flexible displays and sensors.

doi: 10.1038/ncomms1451

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度