Research press release

微生物学:人間の腸内細菌とうつ病との関連を評価する

Nature Communications

Microbiology: Links between human gut bacteria and depression assessed

うつ症状に関連する腸内細菌相について報告する2編の論文がNature Communicationsに掲載される。今回の研究で得られた知見は、うつ病に関連する重要な化学伝達物質の合成に関与する特定の腸内細菌と、それに関連した民族間の違いを明らかにしている。

うつ病は、主な死亡原因の1つであり、経済格差の主要な原因であるにもかかわらず、病気自体の原因が明らかでなく、十分に解明されず、治療選択肢も限られている。腸内マイクロバイオームは、うつ病性障害に関与していると考えられているが、その根底にある生物学的機構に関する研究は十分でない。また、腸内マイクロバイオームとうつ症状のレベルは、民族によって大きく異なることが知られている。従って、将来的なマイクロバイオームを標的としたうつ病に対する介入に関しては、さまざまな民族についてマイクロバイオームとうつ病の関連を解明することが必要とされる。

今回、Jos Bosch、Anja Lok、Susanne de Rooijたちは、HELIUS研究のマイクロバイオームコホートに含まれる3211人を対象とする研究を行った。これらの対象者は、アムステルダムの市街地に居住する6つの民族(オランダ人、南アジア系スリナム人、アフリカ系スリナム人、ガーナ人、トルコ人、モロッコ人)の人々だった。この論文の著者は、微生物相データを人口統計学データ、行動学データ、うつ状態のデータと紐付けて、うつ症状の予測指標となる微生物相を特定した。研究対象となった6つの民族では、この微生物相にほとんど違いがなかった。

もう1つのNajaf Amin、Robert Kraaij、Djawad Radjabzadehたちの論文では、オランダの別のコホート(Rotterdam Cohort)の参加者1054人の腸内微生物相の特徴の比較が行われ、うつ症状に関連する13の微生物分類群(エガセラ、サブドリグラヌルム、コプロコッカスなど)が明らかになったことが報告されている。この研究知見は、HELIUS研究のコホートで再現された。論文著者は、これらの細菌がうつ病に関連する既知の化学伝達物質(グルタミン酸、酪酸、セロトニン、γ-アミノ酪酸〔GABA〕など)の合成に関与していることを発見した。いずれの研究でも、腸内マイクロバイオームの代わりに糞便微生物相が用いられた。

以上の知見の臨床的影響については、実験的に確認する必要があるが、これら2つの研究を合わせると、腸内マイクロバイオームの構成とうつ病との関連がさらに補強され、腸内マイクロバイオームが、将来のうつ病の治療法の有用な標的となる可能性が示唆される。

 

A gut bacteria signature associated with depressive symptoms is reported in two papers published in Nature Communications. The findings identify specific gut bacteria that are involved in the synthesis of key chemical messengers linked with depression, and associated differences across ethnicities.

Despite being a leading cause of mortality and economic disparity, depression remains poorly understood as the causes are unclear, and treatment options are limited. The gut microbiome is thought to play a role in depressive disorders, but the underlying biological mechanisms are understudied. Moreover, both the microbiome and depressive symptom levels are known to vary substantially across ethnic groups. Therefore, any future interventions for depression targeting the microbiome require an understanding of microbiome-depression associations across ethnicities.

Jos Bosch, Anja Lok, Susanne de Rooij and colleagues studied a group of 3,211 individuals from the HELIUS study microbiome cohort, consisting of six ethnic groups living in urban Amsterdam, including Dutch, South-Asian Surinamese, African Surinamese, Ghanaian, Turkish and Moroccan. Linking microbiota data with demographic, behavioural, and depression data, the authors identified a microbial signature predictive of depressive symptoms that was largely invariant across the ethnic groups studied.

In a co-published paper, Najaf Amin, Robert Kraaij, Djawad Radjabzadeh and colleagues, compared the gut microbiota characteristics of 1,054 participants from a separate cohort in the Netherlands, named the Rotterdam Cohort, and found 13 microbial taxa associated with depressive symptoms, such as Eggerthella, Subdoligranulum and Coprococcus. These findings were then replicated in the HELIUS study cohort. The authors found that these bacteria are involved in the synthesis of known chemical messengers associated with depression, such as glutamate, butyrate, serotonin and gamma amino butyric acid (GABA). The faecal microbiome was studied as a proxy of the gut microbiome in both studies.

Although the clinical impacts of these findings need to be confirmed experimentally, together the two studies further reinforce the link between gut microbiome composition and depression, and suggest it may be a useful target for future therapies.

 

doi: 10.1038/s41467-022-34504-1

「注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したプレスリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週各ジャーナルからの最新の「注目のハイライト」をまとめて皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度