Research press release

氷期の終わりと大気中酸素濃度のつながり

Nature Communications

Linking the end of an ice age with atmospheric oxygen

大気中酸素濃度の上昇と古原生代初期の氷期の終結につながりがあることを示す証拠が見つかった。これは、地球の氷期からの復帰に大気中酸素濃度の上昇を促進する作用があったとする学説を裏付けている。したがって、この研究結果は、25億〜20億年前に起こった氷期と大酸化事変の結びつきを説明するうえでも役立つと考えられる。研究の詳細を報告する論文は、今週、Nature Communicationsに掲載される。 今回、東京大学の関根康人(せきね・やすひと)たちは、古原生代の2回目の氷期とそれ以降のものと年代が決定された浅い海洋環境に由来する堆積物に含まれるオスミウム同位体を解析した。この解析結果は、当時の大気中酸素濃度の上昇が、氷期からの復帰が大酸化事変を促進したとする仮説と符合することを示唆している。

Evidence for a link between rising atmospheric oxygen and the end of an ice age during the Early Palaeoproterozoic is reported in Nature Communications this week. The result supports previous work, which suggests that as the Earth recovered from an ice age this acted to speed up the rise in the atmospheric oxygen levels, and therefore also helps explain the connection between ice ages which occurred 2.5-2.0 billion years ago and the Great Oxidation Event.

Yasuhito Sekine and colleagues analysed Osmium isotopes in sediments dating from during and after the second Palaeoproterozoic ice age. Their findings, from shallow marine environments, suggest increasing atmospheric oxygen levels during this time are in agreement with the hypothesis that the recovery from the ice age accelerated the Great Oxidation Event.

doi: 10.1038/ncomms1507

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度