Research press release

メガネなし3次元ディスプレイのための光誘導デバイス

Nature Communications

Guiding light for glasses-free 3D displays

特殊なメガネを用いずに3次元(3D)画像を見るための技術が実証された。この自動立体化技術は、フレキシブルディスプレイに役立つ可能性があり、商業的用途も期待される。

今回、K Char、K Suhたちは最新の微細加工技術を用いて、ポリマー製マイクロプリズムのアレイを作製した。このマイクロプリズムをスクリーン上に置き、左右の目に視差のある画像をそれぞれ見せるように光を誘導すると、奥行き知覚が生じる。また、このマイクロプリズムは、フレキシブルディスプレイにも使え、このほかの自動立体三次元ディスプレイ技術のための低コストの代替デバイスとなる可能性もある。

A technique for viewing images in three dimensions (3D) that works without the need for specialized glasses is demonstrated this week in Nature Communications. This autostereosopic technology could be useful in flexible displays and has commercial applications.

Kookheon Char, Khap Suh and colleagues use modern microfabrication techniques to create arrays of polymer micro-prisms. When placed on a screen the prisms guide light in a way that gives a perception of depth by presenting offset images to the left and right eye. The prisms also work in flexible displays, and could be an inexpensive alternative to other autostereosopic 3D display technologies.

doi: 10.1038/ncomms1456

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度