Research press release

進化:ラオスで見つかった更新世中期のヒト族の臼歯

Nature Communications

Evolution: A middle Pleistocene hominin molar from Laos

ラオスのタム・グ・ハオ2洞窟で発見された更新世中期のヒト族のものとされる臼歯の標本について報告する論文が、Nature Communications に掲載される。この臼歯は、若いデニソワ人女性のものである可能性が指摘されており、東南アジアの人類集団史に関する私たちの理解を助けるかもしれない。

東南アジアの大陸部にヒト族が存在していたという理解は、主として限定的な石器記録とわずかな数のヒトの遺骸に基づいている。南アジアに1つ以上のヒト系統が存在していたかどうかは、分かっていない。東南アジアの集団の一部にデニソワ人の系統が残っていることが遺伝的解析によって示唆されているが、デニソワ人の地理的分布域については、いまだに活発に議論されている。

今回、Fabrice Demeter、Clément Zanolli、Laura Shackelfordたちは、ラオスのアンナン山脈にあるタム・グ・ハオ2(コブラ洞窟)という鍾乳洞で発見された臼歯について報告している。この洞窟からは、サイ、バク、サンバー(スイロク)などの動物の化石化した遺骸も出土した。今回の研究では、一連の年代測定法を用いて、臼歯の化石の周囲の堆積物が16万4000~13万1000年前のものと推定された。著者たちは、この臼歯は摩耗しておらず、生え終わってからあまり日がたっていなかったことを指摘し、この臼歯の持ち主は、死亡時の年齢が3.5~8.5歳だったと示唆している。この臼歯については、形態解析と共にエナメル質のタンパク質の解析も行われ、ヒト属個体の臼歯であることが示唆され、女性だったという見解が示された。また、幾何学的形態計測(三次元形状統計)を用いて、この臼歯の内部形態と外部形態を他のヒト族(ネアンデルタール人、現生人類、ホモ・エレクトス)と比較した結果、デニソワ人の臼歯である可能性が極めて高いことが示唆された。

著者たちは、今回の臼歯がネアンデルタール人のものである可能性を排除できないとしつつ、中国の夏河(シアホー)で出土したデニソワ人の標本の臼歯と類似していることが、自分たちの見解を裏付けているという見解を示している。著者たちは、この臼歯は、アジアにおけるヒト族の分散に関する理解を深め、アジアがヒト属のホットスポットであったことを実証していると結論付けている。

A molar, from a middle Pleistocene hominin specimen, that was found in the Tam Ngu Hao 2 cave in Laos is described in a Nature Communications paper. The tooth may have belonged to a young, female Denisovan and could aid our understanding of the population history of Southeast Asia.

The presence of hominins in continental Southeast Asia is primarily understood from limited stone tool records and sparse human remains. It is unknown if one or more human lineages existed or co-existed in southern Asia. Genetic analysis has suggested that some Southeast Asian populations retain a Denisovan ancestry, but the geographic range of Denisovans remains debated.

Fabrice Demeter, Clément Zanolli, Laura Shackelford and colleagues describe a molar found in the limestone cave Tam Ngu Hao 2 (Cobra Cave) in the Annamite Mountains of Laos. The cave also included the fossilized remains of animals, such as rhinoceros, tapirs, and sambar deer. The authors used a series of dating methods and estimate that the sediment surrounding the tooth is between 164–131 thousand years old. The authors indicate that the molar is unworn and had only recently completed development. They suggest that the individual was between 3.5–8.5 years of age at death. They analysed proteins in the tooth alongside its morphology and suggest that it is from the genus Homo and they further indicate that the individual was female. They compared the internal and external morphology of this molar to other hominins, including Neanderthals, recent humans, and Homo erectus, using geometric morphometrics (three-dimensional shape statistics), and suggest it to be most likely Denisovan.

While the authors cannot exclude the molar belonging to a Neanderthal, they suggest that its similarity to a Denisovan specimen from Xiahe, China supports their findings. The molar expands our understanding of hominin dispersals through Asia and demonstrates this region was a hotspot for the genus Homo, they conclude.

doi: 10.1038/s41467-022-29923-z

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度