Research press release

考古学:先住民コミュニティーが管理するカキ漁業は5000年以上も存続した

Nature Communications

Archaeology: Oyster fisheries managed by Indigenous communities existed for more than 5,000 years

北米とオーストラリアでは、先住民のコミュニティーによって管理されたカキ漁業が、ヨーロッパの移住民が入植するまでの5000年以上の間、順調に存続していたことを示唆する論文が、Nature Communications に掲載される。今回の研究では、カキ漁業が管理されていただけでなく、文化的伝統にも織り込まれていたことと、こうしたカキ漁業が今後の漁業管理に役立つ情報を提供するかもしれないことが示された。

カキは、沿岸生態系の健全性を示す重要な指標であり、世界中の地域社会で文化的、経済的に重要な存在となっている。しかし、19世紀に存在していたカキ礁域は、21世紀初頭までに80%も失われてしまった。現在のカキ漁業の管理戦略は、主として過去200年間のデータに依存しているが、この期間中には、乱獲、海洋汚染、外来種との競争と生息地の減少によって世界の数多くの漁業が崩壊した。世界の生態系を理解する上で過去のデータの重要性がますます認識されているにもかかわらず、先住民のコミュニティーから得られた知識や考古学的知識は、保全と生態学の分野で顧みられないことが多かった。

今回、Leslie Reeder-Myersたちは、オーストラリア東部、北米の太平洋沿岸と北米の大西洋・メキシコ湾沿岸における過去のカキ漁業を調べた。今回の研究では、各地域の過去の海面水位と水揚げ高の記録を、カキの個体数とカキの生息地の地理的分布に関する考古学的記録と、先住民コミュニティーによるカキの水揚げ、管理、養殖に関する民族歴史学的記録と組み合わせた。Reeder-Myersたちは、先住民コミュニティーによって管理されたカキ漁業が広範囲に存在し、5000~1万年間存続したという見解を示し、カキが、積極的に管理され、文化と食事において中心的な役割を果たしたという考えを示している。Reeder-Myersたちは、この考えが、移住民の入植以前の沿岸生態系を「原始的」あるいは「野生状態」と記述した学説と矛盾していることを指摘し、むしろ先住民コミュニティーによってうまく管理された資源だったとする考えを提起している。

Reeder-Myersたちは、今後のカキ礁の管理では、先住民コミュニティーとそのメンバーを中心に据えて、カキの水揚げ、回復、管理のためのインクルーシブで公正な成功戦略を構築する必要があるという考えを示している。

Oyster fisheries managed by Indigenous communities in North America and Australia persisted successfully for more than 5,000 years prior to the arrival of European colonists, a paper in Nature Communications suggests. This research demonstrates that these fisheries were both managed and woven into cultural traditions, and that they could inform future fishery management.

Oysters are important indicators of the health of coastal ecosystems and also carry cultural and economic significance within communities worldwide. However, as much as 80% of the 19th century oyster reef areas have been lost by the early 21st century. Current management strategies for oyster fisheries rely primarily on data from the past 200 years, a period when many global fisheries collapsed due to over harvest, pollution, competition with non-native species, and habitat loss. Despite increasing recognition of the importance of historical data in understanding the world’s ecosystems, knowledge from Indigenous communities and archaeology has often been neglected in conservation and ecology.

Leslie Reeder-Myers and colleagues investigate historical oyster fisheries in eastern Australia, the Pacific Coast of North America, and the Atlantic and Gulf of Mexico coast of North America. They combine regional sea level histories and historical catch records with archaeological records on oyster abundance, geographical distribution of sites containing oysters and ethno-historic accounts of harvest, management and farming from Indigenous communities. The authors suggest that oyster fisheries overseen by Indigenous communities were widespread and persisted for 5,000–10,000 years. The authors indicate that the oysters were actively stewarded and that they played a central cultural and dietary role. The authors suggest this contradicts the theory that pre-colonial nearshore ecosystems were ‘pristine’ or ‘wild’, and were instead resources successfully stewarded by Indigenous communities.

The authors suggest that future management of oyster reefs must centre Indigenous communities and Indigenous community members to develop inclusive, fair and successful strategies for harvest, restoration and management.

doi: 10.1038/s41467-022-29818-z

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度