Research press release

免疫学:COVID-19後遺症の予測

Nature Communications

Immunology: Prediction of long COVID in patients

ある種の免疫特性を喘息の病歴、年齢、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の症状の一部と組み合わせれば、COVID-19罹患後症候群(PACS)(別名「long COVID」)を発症するリスクを予測できることを報告する論文が、Nature Communications に掲載される。

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2)感染症は、多くの臓器に悪影響を及ぼし、感染が消失した後も症状が長期間持続することがある。感染者の約3分の1は、症状が初感染から4週間以上続くことが報告されている。PACSの兆候(観察された症状)は、患者により大きく異なり、最も一般的に報告されている症状には倦怠感、息切れ、認知機能障害がある。しかし、PACSの発症原因は、今のところ十分に解明されていない。

今回、Onur Boymanたちは、PACSを調べるため、215人のコホートの追跡研究を行った。215人の内訳は、SARS-CoV-2陽性と判定された175人と健常対照者40人で、陽性と判定された175人のうち、134人が初感染から最長1年間にわたって追跡された。89人が軽症のCOVID-19、45人が重症のCOVID-19であることが確認され、軽症者の53.9%、重症者の82.2%がPACSを発症した(発症から4週間以上にわたりCOVID-19関連症状が1つ以上持続した場合にPACSと判定された)。Boymanたちは、抗体レベルとその他の臨床パラメーターを分析して、総免疫グロブリンM(IgM)値と総免疫グロブリンG3(IgG3)値の低下、高齢、喘息の病歴と初感染時に報告された5つの症状(発熱、倦怠感、咳、息切れ、胃腸症状)に基づく特徴を特定し、これがPACS発症リスクの予測に使用できる可能性のあることを明らかにした。この結果は、別のCOVID-19患者395人のコホートで確認された。

今回の研究で、PACS発症のリスクを予測できるマーカーが特定されたが、Boymanたちは、それが実際の臨床状況でどの程度有用なのかを評価するには、さらなる研究が必要だと結論付けている。

An immune signature, which when combined with a history of asthma, age and some symptoms of COVID-19 could predict the risk of developing post-acute COVID-19 syndrome (PACS) — also known as long COVID — is reported in Nature Communications.

Acute SARS-CoV-2 infection can affect many organs and even after clearance of the infection, symptoms can persist long term. Around one third of individuals infected report symptoms that last for over four weeks following the initial infection. Manifestation of PACS in terms of observed symptoms can vary widely, with the most commonly reported symptoms being fatigue, shortness of breath and cognitive impairment. However, the reasons for developing PACS are currently not well understood.

Onur Boyman and colleagues followed a cohort of 215 individuals to investigate PACS; 175 tested positive for SARS-CoV-2 and 40 were healthy controls. Of the 175 individuals who tested positive, 134 were followed for up to one year after the initial infection. The authors identified 89 mild cases and 45 severe cases of COVID-19. 53.9% of mild and 82.2% of severe COVID-19 cases developed PACS, defined by the persistence of one or more COVID-19-related symptoms for more than four weeks after symptom onset. The authors analysed antibody levels and other clinical parameters, and identified a signature based on lower total immunoglobulin M (IgM) and immunoglobulin G3 (IgG3) levels, older age, history of asthma, and five symptoms (fever, fatigue, cough, shortness of breath, and gastrointestinal symptoms) reported during primary infection that could be used to predict the risk of developing PACS. They confirm this in an additional cohort of 395 individuals with COVID-19.

This study identifies markers that could predict the risk of developing PACS, but further research is needed to assess its utility in real world clinical settings, the authors conclude.

doi: 10.1038/s41467-021-27797-1

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度