Research press release

クールなキングペンギンのヒナ

Nature Communications

King penguin chicks prove cool customers

キングペンギンのヒナは、体温を下げてエネルギーを節約することが判明した。これは、異温性というプロセスだが、キングペンギンのような大型の鳥類で見つかったのは予想外だ。このことは、キングペンギンのヒナが、冬に親が戻ってくるまでの最大5か月間にわたって絶食できることを説明できるかもしれない。詳細を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。 G Eichhornたちは、野生状態で生息するキングペンギンのヒナの体温を測定し、ヒナが、冷たい食餌や悪天候に応じて体温を低下させることを発見した。キングペンギンのヒナは、異温性によって、厳しい気候の中での長期間の成長期にエネルギーを節約し、数か月にわたって断続的に絶食できるようになっている。

King penguin chicks lower their body temperature to conserve energy, reports a study in Nature Communications this week. This process, known as heterothermy, is a surprising find in such a large bird, but may explain how the chick is able to fast for up to five months in winter while waiting for the parents’ return.Gotz Eichhorn and colleagues measured the body temperature of free-ranging king penguin chicks and found that the chicks dropped their body temperature in response to factors such as cold meals and adverse weather. This process enables them to conserve energy during their long period of growth in a harsh climate while also having to intermittently fast over many months.

doi: 10.1038/ncomms1436

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度