Research press release

防御機構としての処罰

Nature Communications

Punishment as a defence mechanism

現状維持のための反社会的な処罰戦略が、進化のうえで有利な場合があるという考え方が発表された。今回の研究結果は、処罰が、協力行動を特に促進する利他的行為ではなく、処罰を行う本人を潜在的な競争相手から守るためのほとんど利己的な手段だということを示唆している。研究の詳細を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。 実験室における協力行動の研究では、人々がフリーライダーにコストを負担させることに積極的で、こうした処罰は、協力行動を促進する場合があることが実証されている。しかし、最近、処罰に積極的な役割があるという考え方に対しては、協力者が罰せられる反社会的な処罰の存在によって実験的に疑義が示された。 今回、D RandとM Nowakは、この反社会的な処罰を進化の枠組みで説明できないかどうかを研究した。そして、あらゆるタイプの処罰を許容する進化のゲーム理論モデルを作ることによって、自然選択が非協力者の処罰に特に有利に働くわけではないことを明らかにし、むしろ、進化によって、自由参加型公共財ゲームにおける3つのグループ(課題遂行に寄与する協力者、寄与しない裏切り者、単独で課題を遂行する不参加者)すべてを標的とする相当量の処罰が行われるようになるという考え方を示している。また、処罰によって協力行動が増えることや利益が増えることはないが、それでも処罰を行う誘因が存在することも判明した。RandとNowakのモデルによれば、処罰を行える状況が生じれば、その処罰を用いる戦略を採用する他者の優占を防ぐため、ゲームにおけるそれぞれのタイプの戦略が処罰に適応していることが必要となるのである。 また、RandとNowakのモデルでは、究極的な処罰がすべての関係者に損失をもたらし、平均利益を減らし、何らの恩恵も生み出さないことも示唆されている。 この研究では、進化モデルに加えて、インターネットを用いて収集された暫定的な実験的証拠も示されている。この実験データは、RandとNowakのモデルによる予測を裏づけており、このような論点をさらに明確にするための今後の実験のあり方も示している。

Evolution can favour antisocial punishment strategies which maintain the status quo reports a paper in this week’s Nature Communications. As opposed to an altruistic act that particularly promotes cooperation, this work suggests that punishment is mostly a self interested tool for protecting oneself against potential competitors.When studying the cooperation in the laboratory, it has been demonstrated that people are willing to incur costs to free-riders, and that this punishment can promote cooperation. The positive role of punishment, however, has recently been challenged experimentally by the existence of antisocial punishment where cooperators are punished.Now David Rand and Martin Nowak explore whether this antisocial punishment can be explained in an evolutionary framework. By creating an evolutionary game theory model which allows all types of punishment, they show that natural selection does not particularly favour punishment of non-cooperators. Instead, evolution leads to substantial amounts of punishment targeted at all three groups within an optional public goods game — cooperators who contribute to the task, defectors who don’t contribute and loners who work alone. They find that punishment does not increase cooperation or lead to greater payoffs, yet there is still an incentive to punish. Indeed once punishment is available their model finds that it is essential for each strategy type within the game to adopt it so as to protect against dominance by those with other strategies that use punishment.Their model also suggests that ultimately punishment is destructive for all parties, with the average payoff being reduced without creating any benefits.In addition to an evolutionary model, this work also presents preliminary experimental evidence collected using the internet. The experimental data support the predictions of the model, and point towards future experiments to further clarify these issues.

doi: 10.1038/ncomms1442

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度