Research press release

アリとシロアリの巣穴による灌漑効果

Nature Communications

Ant and termite burrows irrigate soil

寒冷気候や湿潤気候の地域では、ミミズが地中に穴を掘ることで土壌に空気を供給して作物収量を増加させているが、乾燥気候の地域でも、アリとシロアリが地中に穴を掘ることで作物収量が増えているという見解を示す論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。こうした自然の生態系サービスの利用は、肥料の利用といった高コストの作物収量増加法を持続的に削減するための1つの方法かもしれない。

今回T Evansらは、オーストラリア西部の農場で研究を行い、アリとシロアリがコムギの収量を36%増加させていることを見いだし、こうした収量増加は、アリとシロアリが掘った穴によって土壌への水分の浸透が促進され、土壌窒素が増えたことによることを明らかにした。この研究成果は、アリとシロアリが、温暖で乾燥した生息地で、ミミズに似た役割を担っている可能性を示唆している。

Ant and termite burrowing could increase crop yield in dry climates in the same way that earthworms improve crop yield by aerating the soil in cooler and wetter climates reports a study in Nature Communications this week. The use of such natural ecosystem services could be a way to sustainably reduce other more costly methods of increasing crop yield such as the use of fertilizers.

In a farm study in the west of Australia Theodore Evans and colleagues find that ants and termites increase the wheat yield by 36%. They show that this occurred through an increase in soil water infiltration and improved soil nitrogen due to the tunnelling created by the ants and termites. This suggests that in warmer and drier habitats ants and termites may have a similar role to earthworms.

doi: 10.1038/ncomms1257

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度