Research press release

気候モデルによる予測の信頼性評価

Nature Communications

Assessing reliability of climate model predictions

気候モデルによる予測の信頼性に関する解析が行われ、アマゾン盆地で乾燥化が起こる確率が、現在の予想より高いことが示された。水資源管理に関する意思決定は、通常、数多くの気候モデルによって形成されたコンセンサスに基づいてなされるが、このプロセスには不確実性がある。したがって、今回の新知見は、今後、精度の高い評価方法を開発し、より多くの情報に基づいて政策や適応策を決めるうえで役立つ。この研究成果を報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。

今回、国立環境研究所の塩竈秀夫らは、統計モデルを適用して、南米の水資源に関する予測の不確実性を推測するための全球スケールの評価指標を明らかにした。アマゾン盆地に関しては、複数のモデルの集合体によって、湿潤化の進行が予測されているが、今回の研究結果は、もっと高い確率で乾燥化が発生することを示唆している。

An analysis of the reliability of climate model predictions suggests a higher probability of drying occurring in the Amazon basin than is currently forecast, reports a study in Nature Communications. Water resource management decisions are usually based on the consensus formed by many climate models, a process which has uncertainties. These new findings could therefore aid in the development of more accurate assessments in the future for better informed policies and adaptations.

Hideo Shiogama and colleagues apply a statistical model and identify global-scale metrics to estimate uncertainties in the water resource predictions for South America. Their results suggest that, unlike the increased wetting predicted by ensemble models, there is a higher probability of drying occurring in the Amazon basin.

doi: 10.1038/ncomms1252

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度