Research press release

胚性幹細胞から複数種の運動ニューロンを生成する

Nature Communications

Subsets of neurons derived from embryonic stem cells

ヒト胚性幹細胞から複数種の運動ニューロンが作製された。この研究成果によって、運動ニューロンの発生と運動ニューロンの損傷を伴う疾患の理解がさらに深まる可能性がある。研究の詳細を報告する論文は、今週、Nature Communicationsに掲載される。今回、S Chandranらは、組成が明らかな培養条件下でヒト胚性幹細胞を培養し、ビタミンAの代謝物であるレチノイン酸がある場合とない場合で、異なるタイプのニューロンが生成されることを見いだした。Chandranらの実験では、外側カラムと内側カラムの運動ニューロンが作製された。この培養プロトコルを用いれば、より多くの種類の運動ニューロンを生成でき、今後の研究に利用できる。

Distinct subsets of motor neurons have been generated from human embryonic stem cells reports a study in Nature Communications this week. These findings could further our understanding of motor neuron development and diseases where motor neurons are affected.Siddharthan Chandran and colleagues cultured human embryonic stem cells under defined culture conditions and found that in the presence and absence of retinoic acid — a metabolite of vitamin A — different types of neurons could be generated. In their experiments they generated lateral and medial motor columnar motor neurons. The culture protocol allows the generation of a greater variety of motor neurons for use in further studies.

doi: 10.1038/ncomms1216

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度