Research press release

気候変動:気候変動緩和策に地球の気温が応答するのは数十年後かもしれない

Nature Communications

Climate change: Global temperatures might not respond to mitigation efforts for decades

温室効果ガスなどの物質の人為的排出量が著しく削減されたとしても、全球地上温度に検出可能な変化が生じるまでには数十年かかる可能性のあることを明らかにした論文が、Nature Communications に掲載される。この結果は、気候変動緩和策には長期的なコミットメントが必要であり、短期的な効果は期待できないことを示唆している。

地球温暖化を緩和するために温室効果ガスなどの物質の人為的排出量の削減が必要なことは、幅広い合意が得られているが、想定される大気の変化の時間スケールは明らかになっていない。公開討論では、こうした排出量の削減が地球温暖化に素早く影響を及ぼすことを前提に議論が進められることがあるが、気候系は、慣性が強く、固有の雑音があるため、短期間に起こる急激な変化に対する応答が隠されてしまうことがある。これは、二酸化炭素の排出量削減に関するこれまでの研究で論じられた問題だが、その他の物質の人為的排出に対する応答については、あまり解明が進んでいない。

今回、Bjørn Samsetたちの研究チームは、モデル化研究を行って、数種類の物質(二酸化炭素、メタン、黒色炭素など)の排出量を急激に削減することの影響を調べた。Samsetたちは、今回の研究では、各種物質の理想的な排出量削減シナリオを使用したため、判明した時期を予測として解釈できないが、気候系の内部雑音にかかわらず、変化が検出可能になる時間スケールの印象は得られると指摘している。またSamsetたちは、二酸化炭素、メタン、亜酸化窒素、複数種のエアロゾルなど多くの物質の排出について、統計的に測定可能な全球地上温度の低下が観測されるまでには数十年かかる可能性があることを見いだしている。二酸化炭素、メタン、黒色炭素などの物質の排出量を削減することは、短期的には検出可能な応答が観測されない一方で、より長い時間スケールでは、温暖化が大幅に緩和される。Samsetたちは、各種物質の排出量削減は、効果を得るために時間を要するので、こうした排出量削減活動の追求に対して全球地上温度が短期的応答を示さないことを反対する論拠にするのは適切でないと結論付けている。

Significant reductions in human emissions could take decades until they lead to detectable changes in global surface temperatures, a study in Nature Communications finds. These results suggest that climate change mitigation demands long-term commitment, as short-term effects cannot be expected.

While it is widely agreed that reductions in anthropogenic emissions are necessary to mitigate global warming, the timescale over which atmospheric changes may occur is unclear. In public debates it is sometimes assumed that reductions will rapidly affect global warming, but the climate system is characterized by strong inertia and intrinsic noise, which can hide a response to abrupt changes in the short-term. Although this issue has been discussed in previous studies of carbon dioxide (CO2) mitigation, the response to other human emissions is less well known.

Bjørn Samset and colleagues studied the effects of abrupt reductions in several types of emissions (such as CO2, methane and black carbon) in a modelling setup. As they use idealized emission reductions scenarios, the authors note that the timings in the study cannot be interpreted as predictions, but can provide an impression of the timescales over which changes will be detectable, despite the internal noise of the climate system. They find that for many emissions, including CO2, methane, nitrous oxide and different aerosols, it would take decades until a statistically measurable reduction can be detected in the global surface temperature. Although there is no detectable short-term response, mitigation of emissions including CO2, methane and black carbon, leads to substantially less warming on longer time scales. The authors conclude that the absence of short-term global temperature responses to mitigation should not be an argument against pursuing these efforts, as they need time to be effective.

doi: 10.1038/s41467-020-17001-1

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度