Research press release

気候変動:英国内で摂氏40度を超える最高気温が記録される可能性

Nature Communications

Climate change: Likelihood of UK temperatures exceeding 40°C increasing

英国で温室効果ガスの排出が続けば、2100年までに同国内で摂氏40度を超える最高気温が3.5~15年に1回観測されるようになると示唆するモデル研究に関する論文が、Nature Communications に掲載される。今回の論文では、英国(特に南東部)で人為起源の温室効果ガス排出によって極端な高温日が発生する確率が大きくなっており、今世紀末までに英国内の各地で摂氏30度、35度、40度を超える確率が大きくなることが報告されている。

西ヨーロッパは2019年に厳しい熱波に襲われ、英国では、ケンブリッジで観測史上最高気温の摂氏38.7度を記録した。このことから、気温が将来的に摂氏40度を超える可能性があるかという問題が提起されている。

今回、Nikolaos Christidisたちの研究チームは、一連のモデル実験を行って、高排出(RCP 8.5)シナリオと中排出(RCP 4.5)シナリオの下で、英国内の各地で極端な高温日が発生する確率の変化を推定した。その結果、さまざまな温度閾値を超える事象の頻度が、排出シナリオに強く依存して変化し、排出量が多くなると、こうした事象の発生頻度が高まる地域が拡大することが明らかになった。Christidisたちは、気温が摂氏35度を超える頻度が、特に南東部で高まっており、現在は5年に一度だが、21世紀末までに毎年一度となる可能性のあることを報告している。また、現在、英国北部の多くの地域で極端な高温日が発生することはまれだが、2100年までに、気温が摂氏30度を超える頻度が10年に一度となる可能性が高い。現在のところ、英国で摂氏40度以上になることは極めてまれであり、100~300年に一度の事象だと推定されている。これに対して、Christidisたちは、この頻度が、21世紀末までに、中排出シナリオの下では15年に一度、高排出シナリオの下では3.5年に一度となる可能性のあることを明らかにした。

Temperatures exceeding 40°C may be reached somewhere in the UK every 3.5 to 15 years by 2100 under continued greenhouse gas emissions, suggests a modelling study in Nature Communications. The paper reports that anthropogenic emissions are increasing the likelihood of extremely warm days in the UK (particularly in the southeast), with temperatures becoming more likely to exceed 30, 35 and 40°C by the end of the century in different parts of the country.

In 2019, Western Europe experienced a severe heatwave, which resulted in the UK recording its highest ever temperature (38.7°C in Cambridge). This raises the question of whether temperatures may exceed 40°C in the future.

Nikolaos Christidis and colleagues estimated changes in the likelihood of extreme temperatures occurring locally in the UK in a series of modelling experiments, looking at medium- (RCP 4.5) and high-emissions (RCP 8.5) scenarios. The authors found that the change in frequency of exceeding different temperature thresholds depends strongly on the emissions scenario, with higher emissions leading to these events occurring more often over larger areas. They report that temperatures above 35°C are becoming increasingly common, especially in the southeast, and could occur every year by the end of the century, compared to every five years today. Many areas of the north of the UK, which rarely experience extreme warm temperatures today, are likely to see temperatures exceeding 30°C up to once a decade by 2100. Currently, reaching temperatures of 40°C or more somewhere in the UK is extremely rare and estimated to only occur every 100–300 years. However, the authors show that this could change to every 15 years under a medium-emissions scenario, and every 3.5 years under high emissions by the end of the century.

doi: 10.1038/s41467-020-16834-0

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度