Research press release

悪性肝臓がんの解明に進展

Nature Communications

Understanding aggressive liver cancer

肝臓がんにおける悪性腫瘍に関連する分子経路に関する新知見が、今週、Nature Communicationsで発表される。この新知見は、特定のタイプのがんの新たな治療標的候補を見つけ出すうえで役立つかもしれない。

血清バイオマーカーは、肝臓がんのモニタリングにおいて侵襲的な臨床検査に代わる方法として用いられている。なかでも最も広範に利用されているバイオマーカーが、αフェトプロテイン(AFP)で、悪性腫瘍の挙動に関連すると考えられている。しかし、この関連性が偶然のものなのかどうかがわかっていなかった。今回、小島健太郎らは、肝臓に特異的なマイクロRNA(miR122)と転写因子(CUX1)がマウスとヒトの肝臓がん細胞におけるAFPの発現を調節していることを明らかにした。そして、miR122が失われていると、血清AFP濃度が上昇し、悪性度の高い肝臓腫瘍が発生することを実証した。

今回得られた知見によって、AFPと腫瘍の悪性度との関係の背後にある複雑なプロセスが明らかになり、miR122とCUX1が肝臓がんの治療標的となりうる可能性が浮上した。

Insights into a molecular pathway associated with aggressive tumours in liver cancer are reported in Nature Communications this week. The findings could help to identify new potential therapeutic targets for certain types of cancers.

Serum biomarkers provide an alternative method to invasive clinical tests for the monitoring of liver cancer. The most widely used biomarker is alpha-fetoprotein (AFP), which is linked with aggressive tumour behaviour; however, it remains to be determined whether this association is coincidental or not. Kentaro Kojima and colleagues show that a liver-specific microRNA (miR122) and a transcription factor (CUX1) regulate AFP expression in mouse and human liver cancer cells. They demonstrate that loss of miR122 causes elevation of serum AFP levels and leads to more aggressive liver tumours. These findings define complex processes that underlie the link between AFP and tumour aggressiveness and indicate that miR122 and CUX1 may represent therapeutic targets in liver cancer.

doi: 10.1038/ncomms1345

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度