Research press release

量子鍵配送システムに不具合

Nature Communications

Unlocking quantum secrets

量子暗号を用いた秘密通信に欠陥が見つかり、極めて安全と考えられている通信システムに、さらなる安全性向上策を実施する必要性が浮き彫りにされた。詳細を報告する論文は、今週、Nature Communicationsに掲載される。量子鍵配送システムは、安全な通信を行うための手段の1つであり、離れた場所にいる者どうしが、メッセージの暗号化と解読を行うための共通の鍵を用いて秘密通信を行える。こうしたプロトコルは、軍隊、企業、政府、そして個人による秘密情報の交換に利用可能だ。今回、Q Liuらは、量子鍵配送システムに対する完全で検知不能な盗聴攻撃を実証した。盗聴者は、他者による検知を免れつつ、秘密のキーコードの入手に成功し、量子鍵配送システムを破ったのだった。量子鍵配送システムには、さまざまな不具合があり、これを利用した攻撃が可能になっているのである。したがって、実社会で実用化するには、量子暗号の改良が必要である。

A flaw in secret communications which are based on quantum cryptography is revealed in Nature Communications this week. The findings highlight the need for further security updates on communication systems which are thought of as being highly secure.A system called quantum key distribution provides a means of secure communication allowing two remote parties to communicate in secret via a shared key that encrypts and decrypts messages. Such a protocol has potential applications in the exchange of secret information for the military, commerce, government and private affairs. Qin Liu and colleagues demonstrate a complete and undetected eavesdropping attack on a quantum key distribution connection. The system is breached by an eavesdropper accessing the secret key code while remaining undetected by the other parties.Various imperfections in quantum key distribution systems can be exploited to implement an attack; thus, efforts are needed to improve quantum cryptography for implementation in the real world.

doi: 10.1038/ncomms1348

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度