Research press release

健康:妊娠中の母親の腸内微生物が乳児の食物アレルギーのリスクを低減する

Nature Communications

Health: Maternal microbe associated with lower food allergy risk in infants

妊婦のマイクロバイオームに細菌Prevotella copriが含まれることは、その子が生後1年以内に食物アレルギーを起こすリスクが低いことと関連していることが明らかになった。この新知見について報告する論文が、Nature Communications に掲載される。

妊娠中の母親の腸内マイクロバイオームは、胎児の免疫系の発生・発達を促進する上で重要な役割を果たしている。これに対しては、特定の細菌種が存在していないことが、免疫関連疾患の発症リスクが高いことと関連しているとする学説が提起されている。

今回、Peter Vuillerminたちの研究チームは、オーストラリア人コホートの母親(1064人)の妊娠中の腸内マイクロバイオームを分析し、その子どもについて、1歳になるまで3か月ごとに調査を行った。この調査の結果、腸内細菌P. copriが検出された母親の子どもは食物アレルギーになりにくいことが分かった。こうした防御的関連性が最も多く見られたのは、脂肪分と繊維分の多い食餌を取る母親だった。また、大家族であることや妊娠第3三半期に抗生物質を投与されていないことが、妊娠中の腸内マイクロバイオームにP. copriが含まれることと相関していた。

今回の研究によって得られた知見を他の集団で裏付け、プロバイオティクスやバイオマーカーとしてのP. copriの可能性を評価するためには、さらなる研究が必要である。それでも、Vuillerminたちは、妊婦に対する抗生物質の投与管理や母親の腸内マイクロバイオームを最適な状態に維持する食餌の重要性が、今回の研究結果によって明確になったと考えている。

The presence of the bacterium Prevotella copri in mothers’ microbiome during pregnancy is associated with a decreased risk of their children developing food allergies during the first year of life. These findings are reported in a study published in Nature Communications.

During pregnancy, the maternal gut microbiome has an important role in stimulating fetal immune development. However, it has been suggested that the absence of specific bacterial species may be associated with an increased risk of immune-related diseases.

Peter Vuillermin and colleagues analysed the microbiome of 1,064 mothers in an Australian cohort during pregnancy and reviewed their children every three months until one year of age. They found that children of mothers who carried the gut bacterium P. copri were less likely to develop food allergies. The authors found that the protective association was greatest among women whose diet was high in fat and fibre. Larger household sizes and lack of exposure to antibiotics in the third trimester of pregnancy were also correlated with increased maternal carriage of P. copri.

Further studies will be necessary to corroborate the findings in other populations and assess the potential of P. copri as a probiotic and/or biomarker. However, the authors suggest that their results highlight the importance of antibiotic stewardship during pregnancy as well as a diet that maintains an optimal maternal gut microbiome.

doi: 10.1038/s41467-020-14552-1

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度