Research press release

気候科学:CFCバンクからの排出がオゾン層の回復を遅らせているかもしれない

Nature Communications

Climate science: Emissions from CFC banks could delay ozone recovery

すでに廃止されたが今も使用されている特定の用途からのクロロフルオロカーボン(CFC)の排出量は従来の想定を上回っているという見解を示した論文が、Nature Communications に掲載される。CFCの大気中への排出は、南極のオゾンホールの修復を遅らせ、排出量は90億メートルトン(二酸化炭素換算)に達している可能性があるとされる。

大部分の国々は、モントリオール議定書に定められた製造工程におけるCFC使用の全廃に同意した。しかし、冷蔵庫、エアコン、断熱材などのすでに使用されている製品(CFCバンク)からのCFCの排出は続いている。最近になってCFC-11排出量の増加という予想外の事態が判明し、CFCバンクからの排出を定量化して、CFCの生産再開による排出量の規模を正確に評価する必要性が明確になった。

今回、Megan Lickleyたちの研究チームは、新しい統計的枠組みを用いて、CFCバンクの規模とそれに対応するCFC-11、CFC-12、CFC-113の排出量を評価した。その結果、これらの排出量が以前の評価で示されたものをかなり上回っており、CFC-11、CFC-12、CFC-113の現在の推定排出量の大きな部分を占めていることが明らかになった(ただし、2012年以降の生産再開によるCFC-11排出量の増加を除く)。モントリオール議定書のもとで、CFC-113の使用は一部の用途で依然として許されているが、この論文で報告されている排出量は、以前の研究によって推定された排出量を上回っており、CFC-113の供給源について疑問が生じている。Lickleyたちは、現在のCFCバンクから大気中への排出によってオゾンホールの修復が最大6年遅れ、その排出量が90億メートルトン(二酸化炭素換算)に達していると推定している。この新たな知見は、CFCバンクを回収、破壊してCFC排出量を減少させる必要性を明確に示しているという結論をLickleyたちは示している。

Emissions of chlorofluorocarbons (CFCs) from certain older applications still in use may be larger than previously thought, finds a study published in Nature Communications. These emissions could delay the recovery of the Antarctic ozone hole and contribute the equivalent of 9 billion metric tonnes of CO2 into the atmosphere.

Most states have agreed to stop the use of CFCs in production as defined by the Montreal Protocol. However, emissions from products already in use (CFC banks) continue. These include some refrigerators, air conditioning units and insulation foam. The recent unexpected rise in CFC-11 emissions highlights the need to quantify emissions from these banks in order to accurately assess the scale of emissions from renewed production.

Megan Lickley and colleagues use a new statistical framework to assess the size of CFC banks and their corresponding emissions of CFC-11, CFC-12 and CFC-113. They show that these are substantially larger than previous assessments have indicated and account for a large proportion of the current estimated emissions of CFC-11 and 12 (with the exception of increased CFC-11 emissions after 2012 owing to renewed production). The use of CFC-113 is still permitted in some applications under the Montreal Protocol, but the level of emissions reported here exceeds that of previous studies, raising questions about their sources. The authors estimate that emissions from current banks could delay the recovery of the ozone hole by up to 6 years and contribute the equivalent of about 9 billion metric tonnes of CO2 to the atmosphere. This finding highlights the need to recover and destroy CFC banks to reduce emissions, the authors conclude.

doi: 10.1038/s41467-020-15162-7

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度