Research press release

考古学:トバ山の大噴火を生き延びた現生人類

Nature Communications

Archaeology: Surviving the Mount Toba super-eruption

現生人類は、約7万4000年前に発生したトバ山の大噴火を挟んでインド北部に居住し続けていたという見解を示した論文が、今週、Nature Communications に掲載される。この論文には、ソン川渓谷の遺跡から石器が発見され、この地域に現生人類が過去8万年間にわたって居住し続けてきたことが示されたことが報告されている。この新知見は、現生人類がアフリカから東に向かって分散したことに関する手掛かりになる。

インドネシアのスマトラ島にあるトバ山の噴火は、長期にわたる火山の冬を引き起こし、現生人類のアフリカからの分散とオーストラレーシアへの定着を阻害したと主張されてきた。こうしたヒト集団に対する影響については論争が続いているが、主要地域(インドなど)からの考古学的証拠は少ない。

今回、Chris Clarksonたちの研究チームが、インドのミドル・ソン川渓谷にあるダバの遺跡で行われた考古学的発掘調査で発見された大量の石器について報告している。発見された石器は、約8万年前のルヴァロワ文化の中核的石器群(石核から剥片を剥離して作られた石器)から細石器技術(通常の長さが数センチメートルの小型の石器を製作する技術)に移行した約4万8000年前の石器まで含まれていた。この考古学的記録に連続性が認められることから、この地域に居住していた現生人類はトバ山の大噴火を生き延びたことが示唆されている。

ダバで発見されたルヴァロワ石器とアラビアで発見された10万~4万7000年前の石器とオーストラリア北部で発見された6万5000年前の石器に類似点があり、このことは、古代の現生人類のアフリカからの分散によって、これらの地域の間に結び付きが生じたことを示唆している。

Modern human occupation of northern India spanned the Mount Toba super-eruption around 74,000 years ago, suggests a study published in Nature Communications this week. The paper reports the discovery of stone tools from a site in the Son River Valley, which indicates that it has been continuously occupied over the last 80,000 years. The findings provide insights into the eastward dispersal of our species out of Africa.

It has been argued that the eruption of Mount Toba in Sumatra, Indonesia caused an extended volcanic winter that disrupted human dispersal out of Africa and the colonization of Australasia. The effect on human populations has been debated, but archaeological evidence from key regions (such as India) has been limited.

Chris Clarkson and colleagues report a large collection of stone artefacts from archaeological excavations at Dhaba in the Middle Son River Valley of India. They found that tools from around 80,000 years ago consisted of a Levallois core assemblage (stone tools created by flint knapping), until approximately 48,000 years ago when there was a shift to microlithic technology (the production of smaller stone tools, typically a few centimetres in length). The continuity in the archaeological record suggests that local populations were able to survive the Mount Toba eruption.

Similarities between the Levallois tool technology at Dhaba with those found in Arabia between 100,000 and 47,000 years ago and in northern Australia 65,000 years ago suggests linkage of these regions by an early modern human dispersal out of Africa.

doi: 10.1038/s41467-020-14668-4

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度