Research press release

【健康】小児期の体重は妊娠中の母親のパラベン類曝露に関連している

Nature Communications

Health: Maternal paraben exposure associated with weight in childhood

妊娠時の母親がブチルパラベン(BuP)にさらされると、子が8歳までに過体重になる原因となる可能性のあることを報告する論文が、Nature Communicationsに掲載される。

パラベン類の化合物は、抗菌性と抗真菌性を有し、数々の消費者製品に使用されているが、経口摂取や皮膚吸収によって体内に入り、尿や血液中に検出されることが知られている。

今回、Tobias Polteたちの研究チームは、出生前のパラベン類曝露が小児期に過体重になるリスクに及ぼす影響を調べた。この研究では、2006年から2008年までに母子(629組)のコホートからデータを収集し、妊娠34週の母親に記入させた質問票を用いてパラベン類曝露を評価した。そして出生後の子どもの体重と身長が毎年計測された。その結果、パラベン含有化粧品の使用を申告した母親の尿から高濃度のパラベン類が検出された。また、BuPの母体尿中濃度は、その子が小児期初期から小児期中期に過体重になるリスクと正の相関を示し、その傾向は、女児の方が強かった。

Polteたちは、マウスモデルを用いて、母親のBuP曝露が雌の仔の食物摂取量と体重を増加させることを実証し、この作用には、脳内領域における(食物摂取の調節に関連している)プロオピオメラノコルチン遺伝子の発現レベルを低下させるエピジェネティック修飾が介在している可能性があるという考えを示している。

Maternal exposure to butyl paraben (BuP) during pregnancy may contribute to children becoming overweight in the first eight years of their life, reports a study in Nature Communications.

Parabens are chemical compounds with antimicrobial and antifungal properties, which are used in a number of consumer products. It is known that they can enter the body through ingestion or skin absorption and can be detected in urine and blood.

Tobias Polte and colleagues investigated the effect of prenatal paraben exposure on the risk of children becoming overweight. They collected data from a cohort of 629 mother-child pairs between 2006 and 2008 and assessed exposure to parabens using questionnaires undertaken in the 34th week of pregnancy. Following birth, the children’s body weight and height were assessed on an annual basis. The authors found that mothers reporting the use of paraben-containing cosmetics had elevated concentrations of these chemicals in their urine. They also observed a positive association between maternal urinary concentrations of BuP and the risk of their children being overweight in early to mid-childhood, with a stronger trend identified in girls.

Using a mouse model, the authors demonstrated that BuP exposure induced increased food intake and weight gain in female offspring. They suggest that this effect could be mediated by an epigenetic modification that reduces levels of expression of the gene proopiomelanocortin (which is associated with the regulation of food intake), in a region of the brain.

doi: 10.1038/s41467-019-14202-1

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度