Research press release

【神経科学】記憶の再固定化を阻害すればアルコール摂取量を減らせるかもしれない

Nature Communications

Neuroscience: Disrupting memory reconsolidation may reduce alcohol consumption

アルコール報酬記憶を想起した直後にケタミンを単回投与すると、この記憶の再固定化が阻害されて、アルコール摂取量の減少につながった。この研究結果を報告する論文が今週掲載される。今回の研究には90人が参加した。

再固定化は、記憶を維持するプロセスであり、再活性化した長期記憶が一時的に不安定化して、新しい情報を取り込む。そして、不安定化した記憶は、N-メチルD-アスパラギン酸受容体(NMDAR)経路によって新しい形の記憶として安定化する。この記憶の再固定化が進行している間に(ケタミンなどのNMDAR拮抗薬の投与による)薬理学的介入を実施すれば、不適応報酬記憶(例えば、有害な薬物使用行動に関連する記憶)を弱められる可能性があると考えられている。

今回の研究で、Ravi Dasたちは、ケタミンが過度のアルコール使用行動に関連する記憶を弱めて、飲酒量を減らせるかどうかを明らかにしようとした。この研究に集められたのは、有害な飲酒パターンを示しているが、アルコール使用障害と正式に診断されておらず、治療を求めていなかった参加者90人(男性55人と女性35人、平均年齢約28歳)だった。そのうちの60人に、一連のビールの画像を見せて、アルコールに関連する不適応報酬記憶を想起させてから、ケタミン(30人)または生理食塩水(30人)を注射した。残りの30人には、記憶の想起をさせずにケタミンを注射した。次に、いくつかの追跡調査時点を設定し、参加者が飲酒行動(飲酒量、楽しさ、欲求)の変化に気づいた場合に、その変化を報告させた。その結果、記憶の想起があった後にケタミンを投与した場合、その後の最大9か月間に、1週間の飲酒日数が減り、アルコール摂取量も減少したことが判明した。ケタミンと記憶の想起の組み合わせは、ケタミンの単独投与よりも飲酒を大きく減らすことができた。

Administration of a single dose of ketamine immediately after the retrieval of alcohol-reward memories disrupts the reconsolidation of these memories and led to reduced drinking levels. The study, which involved 90 participants, is published in Nature Communications.

Reconsolidation is a memory maintenance process, whereby reactivated long-term memories temporarily destabilize in order to incorporate new information. Once destabilized, memories rely on an N-Methyl D-Aspartate Receptor (NMDAR) pathway to reform. It is thought that pharmacological intervention during reconsolidation (using an NMDAR antagonist, such as ketamine) may weaken maladaptive reward memories; for example, those associated with harmful drug-use behaviours.

Ravi Das and colleagues set out to determine if ketamine could weaken memories associated with excessive alcohol-use behaviours and reduce drinking levels. The authors recruited 90 participants with harmful drinking patterns, who did not have a formal diagnosis of alcohol use disorder and were not seeking treatment (55 men and 35 women with an average age of approximately 28 years old). Retrieval of maladaptive reward memories associated with alcohol was induced in the participants by showing them a series of images of beer, after which they received an injection of either ketamine (30) or saline solution (30). Ketamine was also administered to a group of 30 participants without prior memory retrieval. The participants were then asked to report perceived changes in their drinking behaviour (volume, enjoyment and craving) at a number of follow up points. The authors found that treatment with ketamine following memory retrieval led to a reduction in the number of drinking days per week and the volume of alcohol consumed for up to nine months following the intervention in that group. Ketamine in combination with memory retrieval produced a larger magnitude reduction in drinking than administration of ketamine alone.

doi: 10.1038/s41467-019-13162-w

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度