Research press release

アブラムシの蜜に含まれる細菌が捕食者を引き寄せる

Nature Communications

Bacteria chemicals attract aphid predators

アブラムシが分泌する蜜には、揮発性化合物を産生して捕食者を誘引する細菌が含まれていることが明らかになった。この新知見は、アブラムシ類の新しい防除方法の開発にとって重要な意味をもつかもしれない。この研究成果を報告する論文は、今週、Nature Communicationsに掲載される。P Leroyらは、エンドウヒゲナガアブラムシ(Acyrthosiphon pisum)の蜜に含まれる化学物質をスクリーニングした。この蜜は、アブラムシが、植物の師部を食べる際に分泌する化合物の混合体だ。その結果、蜜から単離した細菌が揮発性化合物を産生することが判明した。また、この細菌が産生する特定の化学物質が、ハナアブ(アブラムシ類数種の捕食者として知られる)を誘引することもわかった。今回の結果により、ハナアブのような天敵を利用したアブラムシ類の防除への道が開かれる可能性がある。

The honeydew of an aphid contains a bacterium that produces volatile compounds and attracts predators, reports a study published in Nature Communications this week. The findings could have implications for new strategies to control populations of aphids, such as greenfly.Pascal Leroy and colleagues screened the chemicals found in honeydew — a mixture of compounds excreted by aphids when they feed on plant phloem — of the pea aphid Acyrthosiphon pisum. They found that a bacterium that they isolated from within the honeydew produces volatile compounds. In addition, the authors found that certain chemicals produced by the bacteria could attract hoverflies — a known predator of several aphid species. These findings could allow the exploitation of a natural enemy, in the form of the hoverfly, in controlling aphid populations.

doi: 10.1038/ncomms1347

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度