Research press release

【環境】有機農業への転換が温室効果ガス排出量に及ぼす影響を評価する

Nature Communications

Environment: Impacts of switching to organic farming on emissions assessed

英国のイングランドとウェールズで、有機農法による食料生産へ全面転換した場合の温室効果ガス排出量の変化を評価した結果を報告する論文が掲載される。この研究では、有機農業によって温室効果ガス排出量が減少すると予測された一方、国内の食料生産量の減少を補うための海外での土地利用の増加を考慮に入れると、温室効果ガスの正味排出量は増加してしまうことが示唆された。

今回、Guy Kirkたちの研究グループは、イングランドとウェールズで有機農法による食料生産へ全面転換することが温室効果ガスの正味排出量に及ぼす影響をライフサイクルアセスメントによって評価した。その結果、有機農法による食料生産が、慣行農法と比較して、作物で20%、家畜で4%の排出量削減につながることが判明した。しかし、有機農法への全面転換によって大半の農産物が40%台の生産不足となる可能性があるという予測も示された。Kirkたちの試算によれば、不足分を補うために必要な海外の土地面積は、現在イングランドとウェールズの食料生産に利用されている面積のほぼ5倍となる。この分析結果に基づいて、Kirkたちは、温室効果ガス排出量が正味で現在のレベルの1.7倍になる可能性があるという考えを示している。

Kirkたちは、温室効果ガス排出量に対する畜産の寄与度を考えれば、肉の消費を減らすことが重要な役割を果たし、人間の食用作物と炭素の貯留のために土地を開放できる可能性があると主張する一方で、環境的に持続可能な食料生産を達成できる単一のアプローチが存在する可能性は低いと結論付けている。

An assessment of changes to greenhouse gas emissions if England and Wales shifted completely to organic food production is presented in Nature Communications. The study suggests that emissions would be reduced as a result of organic farming, but when increased land use abroad is factored in to compensate for decreased domestic production, net emissions would rise.

Guy Kirk and colleagues assessed the consequences for net greenhouse gas emissions of a 100% shift to organic food production in England and Wales using life cycle assessments. The authors found that compared with conventional farming, organic production would lead to a reduction in emissions of 20% for crops and 4% for livestock. However, they predict that a complete shift to organic farming could produce shortfalls in production of most agricultural products of the order of 40%. They estimate that the area of overseas land needed to make up for the shortfalls is nearly five times that currently used for food for England and Wales. Based on their analyses, the authors suggest that this could lead to a net increase in emissions of 1.7 times current levels.

Given the contribution livestock farming makes to greenhouse gas emissions, the authors argue that reducing meat consumption could play an important role, and release land for crops for human consumption and carbon storage. However, it is unlikely that there exists any single approach to achieve environmentally sustainable food production, they conclude.

doi: 10.1038/s41467-019-12622-7

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度