Research press release

超音波の求愛の鳴き声に雌のカエルは無反応

Nature Communications

Female frogs unresponsive to ultrasonic mating calls

カエルの一種Odorrana tormotaの雄は、超音波領域でコミュニケーションを行うことが知られているが、今回、雌は超音波領域に反応しないことが明らかになった。この結果は、超音波聴取能力がコミュニケーションの一様式として雄のカエルにおいてのみ進化したことを示している。研究の詳細は、今週、Nature Communicationsに発表される。J-X Shenらは、雌のO. tormotaに対する雄の求愛の鳴き声を再生して音響実験を行った。雌は、通常の音波領域の鳴き声に反応したが、20 kHzを超える超音波領域の鳴き声には反応しなかった。この結果は、その後の雌の中脳の音声処理中枢からの電気生理学的記録によって確認された。この記録においても、雌は、超音波領域で反応を示さなかったのだ。

While male Odorrana tormota frogs are known to communicate in the ultrasonic range, the females do not respond to these frequencies, reports a study in Nature Communications this week. This shows that ultrasonic hearing has evolved as a form of communication only in the male frogs.Jun-Xian Shen and colleagues performed acoustic experiments by playing back male mating calls to female O. tormota frogs. They recorded a reaction from the females to calls in the normal range, but not in the ultrasonic range of above 20 kHz. This finding was confirmed by further electrophysiological studies of the female’s auditory midbrain with no response seen in the ultrasonic range.

doi: 10.1038/ncomms1339

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度