Research press release

がん:化学療法によって誘発される永久脱毛症のモデル化

Nature Communications

Cancer: Permanent chemotherapy-induced hair loss modelled

一部の化学療法の後に起こる永久脱毛症の発生機序について報告する論文が、今週掲載される。今回、ヒトの毛包が移植されたマウスモデルを用いた研究が行われて、毛包幹細胞に化学療法誘発性の変化が認められ、これが、永久的な脱毛につながることが明らかになった。

毛包には、多くの成体幹細胞種と同様に、再生のための細胞のプールが維持されているが、このプールは化学療法によって損傷を受けることがある。化学療法を原因とする脱毛が起こった場合、毛包幹細胞が最終的に回復して毛髪の成長が再開するが、一部の化学療法では、幹細胞プールが失われて永久脱毛症になる。

今回、Ohsang Kwonたちの研究グループは、ヒトの毛包を無毛マウスに移植し、化学療法誘発性の永久脱毛症のモデルを確立した。このマウスには、ヒトの永久脱毛症との関連が認められた2種類の薬剤による化学療法が実施された。その結果、最初に投与された薬剤によって幹細胞再増殖の波が生じ、2番目の薬剤が投与されると、大量の細胞死が起こることが分かった。その結果、幹細胞が枯渇し、毛髪は再生しなかった。Kwonたちは、幹細胞が、増殖時にDNA損傷に対する感受性を高め、そのために細胞分裂に問題が生じ、最終的に死滅することを示す証拠を提示している。

この新知見は、化学療法によって誘発される永久脱毛症の原因解明に役立つものであり、予防法の開発に応用できる可能性もある。

A mechanism responsible for permanent hair loss as a result of chemotherapy is reported in Nature Communications this week. Using human hair follicles in a mouse model, the paper identifies chemotherapy-induced changes in hair follicle stem cells, which can lead to permanent hair loss.

Hair follicles, like many adult stem cell types, maintain a pool of cells for regeneration and can be damaged by chemotherapy. After hair loss due to chemotherapy, hair follicle stem cells can eventually recover and resume hair growth. However, some chemotherapy treatments lead to permanent baldness from loss of the stem cell pool.

Ohsang Kwon and colleagues transplanted human hair follicles onto hairless mice to establish a model for permanent chemotherapy-induced hair loss. The mice were treated with a two-step chemotherapy regimen associated with permanent hair loss in humans. The authors found the first step caused a wave of cell repopulation followed by massive cell death after the second phase of treatment. This prevented hair regeneration due to stem cell depletion. They provide evidence that the cells are more sensitive to DNA damage when proliferating, leading to problems with cell division and eventual death.

These findings shed light on the causes of permanent chemotherapy-induced hair loss and might be applicable to developing preventative treatments.

doi: 10.1038/s41467-019-11665-0

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度