Research press release

プリオン感染を調べるための培養細胞系

Nature Communications

Detecting prions in culture

新たに合成されたプリオンタンパク質を実験的に検出するための細胞系が作製され、この細胞系を使って、細胞のプリオン感染が急速に起こることが明らかになった。この知見により、プリオンの合成と病理学的役割を調べる新たな機会が生まれるかもしれない。この研究について報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。

クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)のような神経変性プリオン病は、誤った折りたたみ方をされたプリオンタンパク質が存在することを特徴としているが、このことを実験的に調べることは難しかった。培養細胞に接種されるプリオンが、宿主細胞で発現するプリオンと区別できないからだ。今回、S Tabriziらは、標識されたプリオンタンパク質を培養細胞に導入した新たな細胞系を開発し、その結果、プリオン感染の初期の特徴を調べることが可能となった。Tabriziらは、この細胞系を用いた実験によって、プリオンが接種後1分以内に細胞に感染し、正常なプリオンが誤った折りたたみ方のプリオンに変換する部位が細胞膜であることを明らかにした。

A cell system to detect newly synthesised prions in the laboratory is reported in this week’s Nature Communications and shows that prion proteins rapidly infect cells. These findings may open new opportunities for investigating the synthesis and pathological role of prion proteins.

Neurodegenerative prion diseases, such as Creutzfeldt-Jakob disease (CJD), are characterised by misfolded prion proteins, however this has been difficult to study in a laboratory setting because the proteins used to inoculate the cell cultures are identical to those that are expressed by the host cell. Sarah Tabrizi and colleagues have developed a new system where a tagged prion protein is introduced into cells in culture. This allows the study of the early features of prion infection. Using this, the team show that, in the laboratory, prions infect cells within one minute of exposure and that the cell plasma membrane is the site of the conversion of prion proteins into the misfolded form.

doi: 10.1038/ncomms1282

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度