Research press release

蛍光発光を制御する光アンテナ

Nature Communications

Shining a fluorescent light on optical antennas

蛍光発光を制御する新しい光アンテナの設計が発表された。この新知見は、光学分光技術、バイオ検出、光化学、照明など数多くの重要な応用例に影響を与える可能性がある。この設計について報告する論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。

金属ナノ構造物で作られた光アンテナを用いると、光をディープサブ波長スケールで集束させることができ、センサーや太陽光発電に応用できる。ただし、これまでのところ、複数のエミッターのために集束された光ビームを生成し、エミッターの発光特性を電気的に制御するアンテナが開発されていなかった。今回、M Brongersmaらは、蛍光発光を高いレベルで制御する光アンテナの設計を明らかにした。Brongersmaらは、プラズモン共振器という構造物を用いて、発光強度と波長を電子的に制御できることを示した。この光アンテナの設計は、ナノスケールの光学分光用途に広範に応用できると考えられる。

A new optical antenna design that can control fluorescent light is described in a paper published in Nature Communications this week. The findings may have implications for many important applications, including optical spectroscopy techniques, biodetection, photochemistry and lighting. Optical antennas made with metal nanostructures can concentrate light into a deep-subwavelength volume for applications in sensors and photovoltaics. Currently there are a lack of antennas that can produce concentrated beams for multiple emitters, which would allow electrical control over their emission properties. Mark Brongersma and colleagues demonstrate an optical antenna design that achieves a high level of control over fluorescent emission. Using a structure called a plasmonic cavity, the emission intensity and wavelength can be controlled electronically. This optical antenna design could be used for a wide range of nanoscale optical spectroscopy applications.

doi: 10.1038/ncomms1286

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度