Research press release

【医学研究】マウスの骨からウランを除去する化合物

Nature Communications

Medical research: Compound removes uranium from bones in mice

放射性元素のウランに被曝したマウスの骨と腎臓からウランを除去できる化学薬品について報告する論文が、今週掲載される。この結果は、この化合物がウランに被曝したヒトに使用できる薬剤として有望視される可能性を示唆しているが、今後さらなる試験を行う必要がある。

ウランは原子力発電にとって重要な資源だが、放射性毒性と化学毒性のために健康へのリスクがある。被曝後にウランの約2/3は腎臓を介して体外に除去されるが、残りは腎臓と骨に残存し、腎臓の損傷や骨欠損とがんのリスク増加を引き起こす可能性がある。体内に吸収されたウランの除去は、キレート剤と呼ばれる分子を使用すると実現可能だが、既存の製剤は、骨からウランを効率的に除去できず、毒性が高いものもある。

今回、Shuao Wangたちの研究グループは、既存のヒドロキシピリジノンを基にしたキレート剤を改良して、骨中のウラン錯体との親和性が向上したキレート剤を作製した。Wangたちは、このキレート剤がマウスの腎臓と骨からウランを効率的に除去でき、他のキレート剤と比較して毒性が低いことを実証し、さらに、この化合物を経口投与した場合にも有効性が維持されることを明らかにした。

A chemical agent that can remove uranium from the bones and kidneys in mice following exposure to the radioactive element is reported this week in Nature Communications. The results suggest that this compound could be a promising agent for use in humans who have been exposed to uranium; however, further tests will be required.

Uranium is a crucial resource for nuclear power, but it poses a risk to health owing to its radioactive and chemical toxicity. Following exposure, approximately two thirds of uranium is removed from the body via the kidneys, but the rest remains in the kidneys and bones, which can lead to renal damage and an increased risk of bone defects and cancer. The removal of uranium absorbed by the body may be achieved by using molecules called chelators, but existing formulations do not efficiently remove uranium from bones, and can be highly toxic.

Shuao Wang and colleagues modified existing hydroxypyridinone-based chelators to produce a chelator with an improved affinity for uranium complexes in bones. The authors demonstrate that it can efficiently remove uranium from kidneys and bones in mice, and that it has reduced toxicity compared to other chelators. Furthermore, they show that the compound maintains effectiveness when administered orally.

doi: 10.1038/s41467-019-10276-z

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度