Research press release

【技術】エアコンの改造が二酸化炭素の除去に役立つかもしれない

Nature Communications

Technology: Keeping cool could aid carbon dioxide removal

空調装置を改造して、二酸化炭素を貯蔵可能な合成燃料に変換するという方法によって、大気中の二酸化炭素を大量に除去できる可能性を示したPerspectiveが、今週掲載される。今回行われた予備的分析では、ドイツのフランクフルト・アム・マインに建つメッセタワーでこの方法を用いると、二酸化炭素の捕捉によって年間2000~4000トンの燃料が生成される可能性のあることが示唆された。

二酸化炭素の負の排出技術は、地球温暖化を抑制するために必要とされる。大気から二酸化炭素を除去することには、一般市民も科学者も関心を持っているが、その実現に対する産業界の意欲を高める要因がなく、政治活動も行われておらず、温暖化の抑制に必要な数十億トンスケールの実行可能な二酸化炭素除去技術が開発されていない。

このPerspectiveで、Geoffrey Ozin、Roland Dittmeyerたちの研究グループは、既存の再生可能エネルギーを動力源とする二酸化炭素除去技術を用いて空調装置を改造し、その場で大気中の二酸化炭素と水分を貯蔵可能な燃料に直接変換することを提案している。この研究では、大気中の二酸化炭素濃度を400 ppmと仮定し、事務所、食料品店、住宅での空気循環量を用いて二酸化炭素除去率を試算した。その結果、メッセタワーでこの技術を実施すれば、最大で毎時1.5トンの二酸化炭素が除去でき、ドイツ国内の食料品店(25000店舗)では、合計で毎時約1000トンの二酸化炭素を捕捉できることが明らかになった。今回の分析では、この技術を住宅に適用した場合、5~6部屋の住宅で毎時0.5 kgの二酸化炭素を捕捉できることが示唆されている。

このコンセプトは、太陽電池パネルを使った分散型エネルギー生成の場合と同じように、個人が「合成石油」を収集して消費することへの意欲を高める要因になる可能性があるとOzin、Dittmeyerたちの研究グループは主張している。

Retrofitting air conditioning units to convert carbon dioxide (CO2) into storable, synthetic fuels could remove substantial amounts of CO2 from the atmosphere according to a Perspective in Nature Communications this week. The preliminary analysis suggests that if this approach was used in the Frankfurt Fair Tower in Germany, 2,000-4,000 tonnes of fuel could be produced per year from CO2 capture.

Negative carbon emission technologies are needed to limit global warming. Although there is public and scientific interest in removing CO2 from the atmosphere, a lack of industrial incentives and political action mean viable removal strategies at the billion-tonne scale needed to curb warming have not been realized.

Geoffrey Ozin, Roland Dittmeyer and colleagues propose retrofitting air conditioners with existing, renewable-powered CO2 reduction technology, to directly convert CO2 and water in the air into storable fuels on-site. Assuming a CO2 concentration in the air of 400 parts per million, the authors estimated CO2 removal rates using air circulation volumes for offices, grocery stores and homes. They found that if this technology were to be implemented, the Frankfurt Fair Tower could remove up to 1.5 tonnes of CO2 per hour and 25,000 grocery stores in Germany could capture a total of around 1,000 tonnes of CO2 per hour. When applied to homes, their analysis suggests that in a building consisting of 5-6 flats, 0.5 kg of CO2 could be captured per hour.

The authors argue that this concept could incentivize individuals to collect ‘synthetic oil’ for their own use, in a similar way to decentralized energy generation from solar panels.

Please note that this press release refers to a Perspective, not a Nature Communications research article. A Perspective is intended to provide a forum for authors to discuss models and ideas from a personal viewpoint. Perspectives are peer reviewed.

doi: 10.1038/s41467-019-09685-x

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度