Research press release

【遺伝学】アナトリア中部での農業の起源を探る

Nature Communications

Genetics: Origins of farming in central Anatolia explored

1万5000年前のアナトリアの狩猟採集民のゲノム規模のデータを初めて示した論文が、今週掲載される。この知見は、「肥沃な三日月地帯」以外では最古の農耕コミュニティーのいくつかが存在していたアナトリア中部での農業の起源を解明する上での手掛かりとなる。

農業は、紀元前1万~9000年頃に西南アジアの肥沃な三日月地帯で始まった。その後、農耕技術は西ユーラシア全土に広がり、紀元前8300年頃にアナトリア中部(現在のトルコの一部)に到達した。しかし、その原因が、当時の近隣地域の農耕民が流入したことだったのか、地元の狩猟採集民が農耕技術を取り入れたことだったのかは、これまで明らかになっていなかった。

今回、Johannes Krauseたちの研究グループは、アナトリアの狩猟採集民1人、新石器時代前期のアナトリアの農耕民5人、新石器時代前期の南レバントの農耕民2人のゲノム規模のデータを解析して、この地域に農業が出現した時期の遺伝的記録を作成した。その結果、新石器時代のアナトリア人の祖先の大部分を占めていたのが狩猟採集民であることが明らかになり、アナトリア中部の最初の農耕民が地元民であったことが裏付けられた。また、原始イラン人/白人、レバント人、南ヨーロッパ人との遺伝的連関も検出され、古代の遺伝子交換と技術交流の複雑な歴史が示された。Krauseたちは、こうした知見に基づいて、アナトリアは肥沃な三日月地帯からヨーロッパへ移動した原始農耕民にとっての経由地であり、地元の狩猟採集民はこの地でアイデアと植物と技術を入手し、農業で生計を立てられるようになったという考えを示している。

The first genome-wide data from a 15,000-year-old Anatolian hunter gatherer is presented in Nature Communications this week. The findings provide insights into the origins of farming in central Anatolia, which was home to some of the earliest farming communities outside the Fertile Crescent.

Agriculture began in the Fertile Crescent of southwest Asia around 10,000 to 9,000 BCE. These practices then spread across western Eurasia, reaching central Anatolia (a region of present-day Turkey) by approximately 8,300 BCE. However, it is currently unknown whether this was a result of the migration of ancient farmers from neighbouring regions, or the adoption of farming practices by local hunter-gatherers.

Johannes Krause and colleagues analysed genomic data from an Anatolian hunter-gatherer, five early Neolithic Anatolian farmers and two Early Neolithic farmers from the southern Levant, resulting in a genetic record that spans the advent of agriculture in the region. The authors found that the Neolithic Anatolian populations derived a large fraction of their ancestry from the hunter-gatherers, which supports a local origin for the first farmers of central Anatolia. They also detected genetic links with early Iranian/ Caucasian, Levantine, and southern European populations that further depict a complex history of ancient genetic and technological exchange. Based on their findings, the authors suggest that Anatolia was not just a stepping stone in the movement of early farmers from the Fertile Crescent into Europe. They argue that it was a place where local hunter-gatherers adopted ideas, plants and technology that led to agricultural subsistence.

doi: 10.1038/s41467-019-09209-7

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度