Research press release

【遺伝学】「朝型」人間の遺伝的要因に関する新知見

Nature Communications

Genetics: New insights into what makes a morning person

朝型人間かどうかに影響を及ぼし、メンタルヘルスに重大な意味を持つ遺伝的変異について報告する論文が、今週掲載される。このほど実施された大規模なゲノム規模関連解析は、過去の研究成果をさらに発展させたものであり、クロノタイプ(特定の時間に睡眠を取る生得的傾向)に関連する可能性のある遺伝的座位の数が24から351に増えた。

今回、Michael Weedonたちの研究グループは、2つの集団(参加者総数69万7828人)における遺伝的変異を解析して、「自分は朝型人間だ」という自己申告との関連を調べた。今回の解析で同定された座位のうち、327座位は、これまでクロノタイプと関連付けられていなかった。自己申告は、不正確であったりバイアスがかかっていたりすることがあるため、Weedonたちは、参加者のうち活動モニターを使って睡眠の客観的測定値を得ていた8万5760人のデータを用いて、上記の知見のさらなる検証を行った。その結果、クロノタイプ関連座位は睡眠のタイミングと関連しているが、睡眠の質や睡眠時間とは関連していないことが確認された。また、Weedonたちは、複数の統計的検定を用いてクロノタイプと疾患の関係を調べ、朝型人間であることは、主観的幸福が相対的に高いことと相関しており、また、うつと統合失調症のリスクが低いことと関連していることを見いだした。

Weedonたちは、今回の知見の大半が自己申告(つまり、質問票への回答)に基づいているため、報告バイアスがかかりやすい可能性があり、上述した遺伝的バリアントが疾患の発症リスクにおいて因果的役割を果たしていることを確認するためには、さらなる研究が必要であることを指摘している。

Genetic variation influences whether someone is a morning person, with potential consequences for mental health, reports a paper published in Nature Communications this week. This large-scale genome-wide association study expands on previous work and increases the total number of genetic loci that may be associated with chronotype (the innate propensity to sleep at a particular time) from 24 to 351.

Michael Weedon and colleagues analysed genetic variation in two populations totalling 697,828 participants for an association with self-reported morningness. Of the loci identified in this analysis, 327 had not been associated with chronotype previously. As self-reporting can be inaccurate or biased, the authors sought further validation for these findings using data from a subset of participants (85,760) for whom objective measures of sleep were available via the use of an activity monitor. The results confirmed that the chronotype loci are associated with sleep timing, but not the quality or duration. Using multiple statistical tests to study the relationship between chronotype and disease, they found that being a morning person was correlated with higher subjective well-being and was also associated with a lower risk of depression and schizophrenia.

The authors note that the majority of findings are based on self-reporting (i.e. questionnaire responses), which might be prone to reporting bias, and that further studies are required to confirm any causal role these genetic variants may play in the risk of developing diseases.

doi: 10.1038/s41467-018-08259-7

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度