Research press release

【ゲノム編集】第3のCRISPR-Casシステムの開発

Nature Communications

Genome editing: And CRISPR-Cas12b makes three

ヒト細胞のゲノム編集に用いるCRISPR-Casシステムに関して、第3のCas酵素Cas12bを用いたシステムを紹介する論文が、今週掲載される。

CRISPR-Cas9は、ゲノム編集のための汎用性の高いシステムだが、Casファミリーのタンパク質においてRNA誘導型ヌクレアーゼ(DNAを切断する酵素)はCas9だけではない。Cas9の他にも、Cas12aとCas12bがすでに同定されている。Cas12aはゲノム編集用に開発されたが、Cas12bについてはそれほど徹底した開発が行われていない。その原因の1つは、Cas12bが高温を必要とする酵素であることだ。

今回Feng ZhangたちがCas12bを研究対象としたのは、Cas12bがCas9やCas12aよりも小さなタンパク質であり、ウイルスベクターを使った細胞内送達用のツールとして魅力的であるからだ。ただしCas12bは、元の構造のままだと、二本鎖DNAの標的以外のDNA鎖を切断することがある。この問題を克服するために、ZhangたちはCas12bを再設計して、体温(摂氏37度)での活性を高めた。再設計されたCas12bは、細胞培養実験において、必要とする標的配列に対する特異性がCas9よりも高かった。

このように改変されたCas12bがCas9のように広く利用されるツールとなるためには、さらなる研究が必要だが、ゲノム編集のためのCRISPR-Casシステムに第3のシステムが加われば、研究コミュニティーにとっての選択肢が増える。

A third CRISPR-Cas platform for genome editing in human cells is presented in Nature Communications this week.

CRISPR-Cas9 is a versatile platform for genome editing, but it is not the only RNA-guided nuclease (an enzyme that cuts DNA) in the Cas family of proteins. In addition to Cas9, Cas12a and Cas12b have also been identified. Although Cas12a has been developed for genome editing, Cas12b has not been developed as thoroughly at least in part due to the high temperature requirements of this enzyme.

Feng Zhang and colleagues studied Cas12b since it is a smaller protein than either Cas9 or Cas12a, which makes it attractive for intracellular delivery via viral vectors. However, in its original structure the protein cuts the non-target strand of double-stranded DNA. To overcome this, the authors redesigned the protein for enhanced activity at body temperature (37°C). This redesigned protein displayed greater specificity to the desired target sequence compared to Cas9 in cell culture experiments.

Although more work needs to be done to develop the engineered Cas12b to be a widely applicable tool like Cas9, the addition of a potential third platform for genome editing expands the options available to the research community.

doi: 10.1038/s41467-018-08224-4

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度