Research press release

【栄養】祖父が子どもの頃に食料を十分に得ていたかが男孫の死亡リスクと相関している

Nature Communications

Nutrition: Grandfathers' access to food correlated with grandsons' mortality risk

父方の祖父が思春期前の成長が鈍化する時期(9~12歳)に食料を十分に得ていたかが、その孫の死亡リスクに関連していることを明らかにした論文が、今週掲載される。ただし、この関連が見られるのは、男孫の場合のみである。今回の3世代にわたる大規模コホート研究は、先行研究をさらに発展させるものであり、ある世代における環境曝露がその後の世代の健康転帰に影響を及ぼす可能性があるとした仮説を裏付けている。ただし今回の研究では、この関係を生じさせる機構は突き止められていない。

今回、Denny Vageroたちの研究グループは、「ウプサラ多世代出生コホート研究」の対象となったスウェーデン国内の地域における1874~1910年の作物の収量データを集めた上で、このデータを用いて、祖父母(9039人)が思春期前の成長が鈍化する時期に食料を取得するのがどれだけ難しかったかを推定した。Vageroたちは、これらの祖父母の孫(1万1561人)の1961~2015年の死亡データを用いて、父方の祖父の成長の鈍化する時期に作物の収量が例年よりもはるかに多かったことが、その男孫の総死亡率およびがんによる死亡リスクが高いことと相関していることを明らかにした。ただし、この関連は、女孫の場合には見られなかった。

以上の結果は、複数世代にわたるエピジェネティックな遺伝(環境曝露の影響が生殖細胞系列のエピジェネティックな修飾を介して遺伝すること)という考えを支持するが、この仮説の間接証拠でしかない。祖父の食料の入手とその男孫の死亡リスクとの直接的な因果関係を断定するには、生殖細胞系列のエピジェネティックなマーカーへの直接的な影響、そしてそうしたマーカーの3世代にわたる伝播が今後の研究によって示される必要がある。

A paternal grandfather's access to food during their pre-pubertal slow growth period (ages 9 to 12 years) is associated with mortality risk in their male, but not female, grandchildren. The findings are published in Nature Communications this week. This study in a large, three-generational cohort expands on previous work and supports the hypothesis that environmental exposures in one generation may influence health outcomes in subsequent generations. However, the study does not determine a potential mechanism for this relationship.

Denny Vagero and colleagues collected information on the yields of harvests for the regions in Sweden included in the Uppsala Birth Cohort Multigeneration Study from 1874-1910. These data were used to estimate how difficult it was for the grandparents (9,039) to access food during their slow growth period. Using data on mortality from 1961-2015 for their grandchildren (11,561), the authors found that paternal grandfathers entering their slow growth period during years when harvests had unusually high yields were correlated with a higher all-cause mortality risk and a higher risk of dying from cancer in their grandsons. However, the association was not seen in their granddaughters.

Although these results support the idea of transgenerational epigenetic inheritance (when the effects of an environmental exposure are inherited via epigenetic modifications in the germline), they only provide indirect evidence for this hypothesis. Further studies showing a direct effect on epigenetic markers in the germline and transmission of such markers over three generations would be required to establish a direct causal link between grandfathers' access to food and their grandsons' mortality risk.

doi: 10.1038/s41467-018-07617-9

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度