Research press release

【医学研究】皮膚移植のためにヒト成分のみからなる培養系を開発する

Nature Communications

Medical research: A fully human cell culture for skin grafting

ヒト成分のみを使用して移植用の皮膚組織を生成する細胞培養法の開発について報告する論文が、今週掲載される。今回開発された培養系が今後用いられれば、重度のやけどやその他の皮膚疾患の治療の安全性が向上する可能性のあることが示唆される。

近年、皮膚移植術が大きく進歩し、皮膚に重度の創傷や熱傷を負った患者の体表の90%まで復元できるようになった。こうした治療では、患者から採取された皮膚細胞を、実験室内で細胞培養によって増やして大きなパッチ状の皮膚組織を形成させる。こうすることで創傷部位に移植できるようになる。培養の際、この組織の成長を補助する目的でマウス由来の細胞が加えられることが多いが、こうしたヒトとマウスの細胞の混合物によって、患者は感染症や有害な免疫反応のリスクにさらされることになる。

今回、Karl Tryggvasonたちの研究グループは、ヒトの体内に常在するラミニンというタンパク質の2つの特定のバリアントが、マウス由来の細胞と同じように皮膚細胞の成長を補助することを見いだした。またTryggvasonたちは、この知見を基に、マウスの細胞を全く使わずヒト成分のみからなる(動物成分を含まない)、皮膚移植のための培養系を作り出した。Tryggvasonたちはさらに、この方法を用いて得た皮膚組織をマウスに移植して、良好な結果が得られることを実証した。

A fully human cell culture method to produce tissue for skin grafting has been developed. The study, published today in Nature Communications, suggests that this system could be used to provide safer treatment for severe burns and other skin conditions in the future.

Recently, skin grafting procedures have improved greatly, going as far as restoring 90% of the body surface of patients with severe skin wounds or burns. For such treatments, skin cells are collected from the patient and grown in cell culture in the laboratory to form a larger patch of tissue, which can then be grafted onto the wounds. Often cells derived from mice are added to the culture to support tissue growth, but this human/mouse cell mix exposes patients to the risk of infections and adverse immune reactions.

Karl Tryggvason and colleagues found that two specific variants of proteins called laminins, normally present in the human body, can support the growth of skin cells in a similar way. This finding allowed them to completely remove the use of mouse cells and create a fully human, animal-free cell culture system for skin grafting. They then demonstrated that skin tissue obtained using this method could be successfully grafted onto mice.

doi: 10.1038/s41467-018-06934-3

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度