Research press release

【がん】妊娠期間と乳がんリスクの関連を調べる

Nature Communications

Cancer: Association between pregnancy duration and breast cancer risk examined

34週以上の妊娠経験が乳がんリスクの低下と関連していることを明らかにした観察研究について報告する論文が、今週掲載される。

妊娠回数と妊娠期間は乳がんリスクの差異に関連しており、特に若齢(30歳未満)での満期妊娠の経験や出産回数の多さが乳がんリスクの低さと関連していると報告されているが、これらの要因が乳がんの発生にどのような影響を及ぼすのかについては、まだ明らかにされていない。

今回、Mads Melbyeたちの研究グループは、出産とがんに関するデンマークの全国レジストリを用いて、230万人の女性からなるコホートを確立し、妊娠期間と乳がんの長期的リスクの関連を評価した。その結果、乳がんリスクの低さは34週以上にわたる妊娠期間と関連している一方、33週未満の妊娠期間では乳がんリスクは低くならないことが分かった。また、他の要因(出産回数や社会経済的状況など)では、乳がんリスクの低さとの関連を説明できなかった。さらに、この解析結果は、同様のノルウェー人女性160万人のコホートでも再現された。Melbyeたちは、妊娠34週頃に何らかの生物学的作用が明確に働いている可能性があり、今回の知見によって、こうした効果の背後にある原因因子を研究できるようになると考えている。

A reduced risk of breast cancer is associated with pregnancies lasting 34 weeks or longer, according to an observational study in Nature Communications.

Both the number and the timings of pregnancies have long been associated with changes in breast cancer risk; in particular early age (below 30 years old) full-term pregnancies and a higher number of childbirths have been associated with a lowered breast cancer risk. However, how these factors influence breast cancer development is still unclear.

Mads Melbye and colleagues used the Danish national registries on childbirths and cancer to establish a cohort of 2.3 million women and assessed the association between the duration of a pregnancy and the long term risk of breast cancer. They found that a lower risk of breast cancer was associated with pregnancies that last 34 weeks or more, whereas a pregnancy length of 33 weeks or less did not confer a reduction in risk. They also found that other factors including the number of childbirths and socioeconomic status did not explain the association. Additionally, this analysis was replicated in an equivalent Norwegian cohort of 1.6 million women. The authors suggest that a distinct biological effect might be introduced around week 34 of pregnancy and these findings may enable investigation of the causal factor behind this effect.

doi: 10.1038/s41467-018-06748-3

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度