Research press release

【生態学】将来の食事に備えた魚類種の栄養含有量の予測

Nature Communications

Ecology: Fishing for our future diets

これまで研究の進んでいなかった魚類種の栄養含有量を予測する方法を記した論文が、今週掲載される。海水魚の栄養学的プロファイルは、全体のほんの一部についてしか分かっておらず、今回の研究では、人間の将来的な栄養必要量を充足し得る条鰭類魚類が同定された。

魚類は、タンパク質や脂肪、さまざまなビタミン類など必須の食品化合物をもたらすが、これらの化合物の含有量は種によって大きなばらつきがあるため、人間の食事にもたらす可能性のある価値は種によって大きな差が生じる。しかし、このような栄養含有量を実験室環境で調べる研究は、非常に高コストな検査が必要なこともあり、一部の魚類でしか実施されていなかった。

今回、Bapu Vaitlaたちの研究グループは、十分な栄養データのある条鰭類371種において、近縁性の高い魚類ほど栄養学的プロファイルの類似性が高くなる傾向のあることを明らかにした。次にVaitlaたちは、この情報に基づき、進化史に関する情報と、種間関係とその他の変数(生息地選好性、地理的分布)との関連性に関する情報を用いて、研究の進んでいない他の条鰭類約7500種の栄養含有量を予測した。この方法により、さまざまな必須栄養分の将来的に有望な供給源となり得る魚類が明らかになった。例えば、Vaitlaたちは、トビウオ、カマス、およびアカメが高タンパクだと予測している。ただしタンパク質含有量は、それぞれの魚類につき1種しか測定できていない。

Vaitlaたちは、今回の知見が、商業利用できる新たな魚類種の提案に用いられるべきではない、と注意を呼び掛けている。今回の知見はむしろ、栄養的価値があるためにさらに研究を続けるのが妥当と考えられるのがどの魚類なのかという情報をもたらし得る。こうした予測結果は、国民が栄養欠乏状態にあり、実験室で広範な検査を行うのが難しいことで知られる開発途上国にとって、特に貴重なものとなる可能性がある。

A method to predict the nutrient content of understudied fishes is presented in Nature Communications this week. Nutritional profiles are only known for a small fraction of the fish in the sea, and the study identifies ray-finned fish species that could meet human nutritional needs in the future.

Fish can provide essential dietary compounds including protein, fats, and various vitamins, but species vary dramatically in the amounts of these compounds they contain and, therefore, their potential value to human diets. However, laboratory studies testing nutritional content have been conducted for only a small number of fish species, partially because such testing is prohibitively expensive.

Bapu Vaitla and colleagues observed that among 371 ray-finned fish species with sufficient nutritional data, more closely related species tended to have more similar nutrient profiles. Based on this information, they then used information on the evolutionary history and relationships between species and other variables (habitat preferences, geographic range) to predict the potential nutrient content of approximately 7,500 other understudied ray-finned fish species. This approach identified families of fishes that could represent promising future sources of various essential nutrients. For example, their predictions suggest that exocoetids (flying fish), sphyraenids (barracuda), and centropomids (snook) may be high in protein, even though protein content has been measured for no more than one species in any of these families.

The authors caution that these results should not be used to suggest new fish species for commercial exploitation. Rather, the results can inform which species warrant further study for their nutritional value. These predictions may be particularly valuable in developing nations with known nutrient deficiencies and limited capacity for extensive laboratory testing.

doi: 10.1038/s41467-018-06199-w

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度