Research press release

ナミアゲハが産卵に適した宿主植物を見つける過程

Nature Communications

How butterflies detect suitable host plants

ナミアゲハは、産卵に適した宿主植物を探すときにその葉に含まれる化合物を感じ取っているが、その際に用いる受容体が判明した。これにより、ナミアゲハが産卵のために数多くの植物の中から宿主植物を正しく選び出す過程が明らかになった。

ナミアゲハ(Papilio xuthus)は、特定の植物でしか産卵しないことが知られている。ナミアゲハは、この植物を見分けるため、葉の表面を叩いて、葉に含まれる化合物の放出を促している。今回、尾崎克久(おざき・かつひさ)たちは、宿主植物の葉から作られた化合物を人工の葉に含ませて実験を行った。その結果、ナミアゲハが、宿主植物を選び出すために、PxutGr1受容体を用いて宿主植物の葉の化合物に含まれるシネフリンを認識していることがわかった。

The receptor that the Swallowtail butterfly uses to detect leaf chemicals when choosing a suitable host plant for its eggs is identified in a study published in Nature Communications this week. This shows how the butterfly can correctly identify the small number of host plants it will lay eggs on.

The Swallowtail butterfly, Papilio xuthus, is known to only lay eggs on certain plants. In order to identify these plants, the butterfly drums on the surface of leaves to release leaf chemicals. Using artificial leaves soaked with compounds made from host plant leaves, Katsuhisa Ozaki and colleagues show that the butterfly uses the PxutGr1 receptor to detect synephrine in these leaf chemicals when selecting a host plant.

doi: 10.1038/ncomms1548

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度