Research press release

【保全】捕獲された野生のゾウは寿命が短い

Nature Communications

Conservation: Elephant capture reduces life span

ミャンマーで木材産業に利用するために捕獲された野生のアジアゾウは、飼育下で誕生したアジアゾウよりも寿命が短いことを報告する論文が、今週掲載される。

飼育が生活史に及ぼす影響に関する研究の蓄積が進んでいるが、飼育下で誕生した個体と捕獲された野生個体の長期的な差異については、それほど詳しく分かっていない。

今回、Mirkka Lahdenperaたちの研究グループは、1951~2000年の個体群統計学的記録を用いて、ミャンマーの貯木場にいる5150頭のゾウの寿命を調べた。その結果、全ての年齢において、捕獲された野生のゾウ(2072頭)は、飼育下で誕生したゾウ(3078頭)より死亡リスクが高いことが分かった。捕獲された野生のゾウの死亡リスクは、捕獲から約2年たつごとに半減した。また、捕獲時の年齢が高いほど死亡リスクは高かった。捕獲された野生個体の死亡リスクが飼育下で誕生した個体と比べて高い、という現象が他の大型哺乳類にも当てはまるかどうかを見極めるには、さらなる研究の積み重ねが必要となる。

Wild Asian elephants captured for use in the logging industry in Myanmar have a shorter lifespan than those born in captivity according to a study in Nature Communications.

Although studies on the effects of captivity on life history are accumulating, less is known about the long-term difference between captive-born and wild-caught animals.

Mirkka Lahdenpera and colleagues used demographic records from 1951 to 2000 to study the life spans of 5,150 elephants in Myanmar timber camps. Following capture, wild elephants (2,072) were at a higher risk of death than those born in captivity (3,078) at all ages. This risk decreased by half approximately every two years following capture. The authors also found that the older elephants were at the time of capture, the greater their risk of death. More research is needed to see if other large mammals have a higher risk of death following capture compared to those born in captivity.

doi: 10.1038/s41467-018-05515-8

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度