Research press release

曲げることのできる太陽電池

Nature Communications

Bend me, shape me

曲げ剛性が小さく、耐屈曲性の高い太陽電池を実現する新しい設計についての論文が、今週、Nature Communicationsに掲載される。最新の太陽電池システムは、数々の望ましい特性がある一方で、電池の表面に入射する太陽光が少ない地域や機械的に柔軟な電池モジュールを必要とする用途では効果的に機能しない。J Rogersらは、疎に配置されたマイクロスケールの太陽電池のアレイを光導波路に直接埋め込んで作った複合材構造体を用いることで、この制約を克服した。この太陽電池設計の重要な特徴の1つは、上面だけでなく側面や下面からも集光できることだ。この独特な新設計は、従来の蛍光物質を用いた集光型太陽電池と異なり、超薄型で機械的屈曲性のある太陽電池も実現可能だ。

A new design for photovoltaic (PV) solar cells which leads to low bending stiffness and allows a high degree of flexibility is reported in Nature Communications this week.Current systems of PV cells have many desirable characteristics however they do not function effectively in geographical locations where levels of sunlight hitting their surface are low or in applications that demand mechanically flexible modules. John Rogers and colleagues overcome these constraints through the use of a composite material structure consisting of sparse distributing arrays of microscale solar cells embedded directly into the solar cell waveguide. A key feature of the design of these cells is that it allows the capture of light not only through their top surfaces but also through their sidewalls and bottom surfaces.Unlike conventional luminescent photovoltaics this unusual design can be implemented in ultrathin, mechanically bendable formats.

doi: 10.1038/ncomms1318

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度