Research press release

化学修飾によるグラフェン上のパターン形成

Nature Communications

Chemically patterning graphene

化学基を用いて、グラフェンの表面にパターンを形成する方法が考案された。今後の研究の積み重ねで、1枚のグラフェンシート上に電子回路を形成させたり、パターン化された認識部位を有する化学センサーを作製できるようになるかもしれない。 今回、J Tourたちは、グラフェンの表面を化学的に修飾する二段階法を開発した。その第一段階では、グラフェンに水素を付加してグラファンを合成し、第二段階の反応では、炭素-水素結合が炭素-炭素結合と交換される。この変換によって、新たな化学特性と電気特性を有する材料が得られる可能性がある。 グラフェン表面の水素化と修飾のパターンを注意深く制御することで、新しいセンサーデバイスや電子デバイスの開発につながる可能性が生まれている。

A method to pattern the surface of graphene with chemical groups is reported in Nature Communications this week. Further development of the work could lead to electrical circuits on a single graphene sheet and chemical sensors with patterned recognition sites. James Tour and co-workers developed a two-step procedure to chemically modify the graphene surface: graphene is hydrogenated to graphane and then in a subsequent reaction Carbon-Hydrogen bonds are exchanged for Carbon-Carbon bonds. This transformation could lead to materials with new chemical and electrical properties. Carefully controlling the patterns of hydrogenation and modification of the grapheme surface could allow the development of new sensor and electronic devices.

doi: 10.1038/ncomms1577

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度