Research press release

【環境】ヨーロッパ全土における洪水の影響の推移

Nature Communications

Environment: Changes in the effects of flooding across Europe

洪水によって水浸しになった地域の面積と被害者の数は、1870年以降、ヨーロッパ全土で増加したが、それに伴う金銭的損失と死者数は減少したことを報告する論文が、今週掲載される。

今回、Dominik Paprotnyたちの研究グループは、1870~2016年のデータを集めたHistorical Analysis of Natural Hazards in Europe(HANZE;ヨーロッパにおける自然災害の歴史的分析)のデータベースを解析して、1870年以降の1564件の洪水事象とそれらの人命および経済への影響を調べた。その結果、ヨーロッパ全土で洪水による浸水面積が増加したことが分かった。ところが、この期間中にヨーロッパの総人口が著しく増加し(130%増)、都市部の面積もさらに著しく増加した(1000%増)にもかかわらず、洪水による死者数は1950年までゆるやかに減少(年1.4%)しており、その後の1950~2016年は年4.3%も減少していた。Paprotnyたちは、金銭的損失についても類似の傾向を報告しており、ヨーロッパ全土における富は全般的に2000%増加していたが、洪水による金銭的損失は減少しており、減少が最も顕著だったのは1950~2016年の年2.6%の減少だった。

Paprotnyたちは、こうした傾向はヨーロッパ全体のものであり、国ごとにばらつきがある点に注意を要するとしている。また、小規模な洪水は十分に報告されない傾向があり、局所的な金銭的損失の傾向に影響する可能性がある。

同時掲載のCommentでは、Brenden Jongmanが、洪水を管理し、その経済的影響を軽減するためには、洪水防止インフラ、自然に基づくソリューション、リスクファイナンシング(自然災害の被害に備えた資金調達)を組み合わせた有効な適応戦略が必要だと主張している。

The area inundated by floods and the number of people affected has increased across Europe since 1870 but the associated financial losses and number of fatalities have decreased, according to a study published in Nature Communications this week.

Dominik Paprotny and colleagues analysed the Historical Analysis of Natural Hazards in Europe database, which covers the years 1870 to 2016. The authors examined 1,564 flooding events since 1870 and their impact on life and finances. They find that across Europe there was an increase in the area inundated with floods. However, despite a marked increase in the overall population of Europe (130 %) and an even higher (1,000 %) increase in urban areas during that period, flood fatalities gradually declined (1.4 % per year) until 1950. Subsequently, a decline at 4.3 % per year from 1950 to 2016 was observed. The team report a similar trend in financial losses where, despite an overall increase in wealth across Europe of 2,000 %, financial losses from flooding declined with the biggest reduction of 2.6 % per year during 1950 to 2016.

The team caution that these trends are Europe-wide and therefore variations from country to country exist. Additionally, smaller floods tend to be underreported, which may impact trends in regards to localised financial losses.

In an accompanying Comment, Brenden Jongman argues that to manage floods and buffer their economic impacts, effective adaptation strategies that combine flood protection infrastructure, nature-based solutions and risk financing schemes are needed.

doi: 10.1038/s41467-018-04253-1

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度