Research press release

【化石】始祖鳥は能動的飛行をしていた

Nature Communications

Fossils: Taking flight: Archaeopteryx gets into a flap

ジュラ紀後期の恐竜である始祖鳥は動力飛行できたことを示唆する論文が、今週掲載される。始祖鳥が羽毛の生えた翼を使って能動的飛行をしていたのか、それとも受動的滑空をしていたのかという疑問は、これまでの研究で解決されていない。

今回、Dennis Voetenたちの研究グループは、位相差シンクロトロン・マイクロトモグラフィーという手法を用いて化石を破壊せずに骨の内部を可視化し、始祖鳥の翼の骨の構造を分析した。Voetenたちは、絶滅した翼竜類から現生鳥類に至る広範囲の動物種との比較により、骨の構造から飛翔様式を高い信頼性をもって予測できることを示し、始祖鳥が、短距離飛行やバースト飛行の時に羽ばたきをする現生鳥類と類似していることを明らかにした。

始祖鳥と現生鳥類は、骨の内部構造に類似点があるが、始祖鳥の解剖学的構造は現生鳥類の飛翔時の羽ばたきに適していないため、Voetenたちは、始祖鳥が現生鳥類と異なる羽ばたき運動をし、異なる空中姿勢をとっていたと考えている。

The Late Jurassic dinosaur Archaeopteryx was capable of powered flight, suggests a study published in Nature Communications this week. Previous studies have left open the question of whether Archaeopteryx used its feathered wings for active flight or passive gliding.

Dennis Voeten and colleagues analyzed the bone architecture of the wings of Archaeopteryx, using a technique called phase-contrast synchrotron microtomography to visualize the interior of the bones without damaging the fossils. By comparing a wide range of species, from extinct pterosaurs to modern birds, they found that flight style could be predicted reliably from bone architecture - and that Archaeopteryx matched modern birds that flap their wings to fly short distances or in bursts.

Despite the similarities in internal bone structure, Archaeopteryx anatomy is not compatible with the flight strokes of modern birds. Therefore, the authors suggest that Archaeopteryx would have used a different flapping motion and aerial posture than that of modern birds.

doi: 10.1038/s41467-018-03296-8

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度