Research press release

【化石】現生鳥類のような羽毛を持っていた鳥類様恐竜

Nature Communications

Fossils: Modern feathers in an ancient bird-like dinosaur

中国で発見された化石から羽毛恐竜の新種が認定され、これまでに報告されたトロオドン類(鳥に似たマニラプトル類恐竜)の中で最も古く、非対称の羽毛を有することが記述された論文が、今週掲載される。非対称の羽毛は、飛翔の進化に伴う大きな革新だった。

今回、Xing Xu、Michael Pittmanたちの研究グループは、羽毛の保存されたほぼ完全な骨格化石から新種Jianianhualong tengiを同定した。この化石は、中国東北部で発見され、白亜紀前期(約1億~1億4500万年前)と年代決定された。

Jianianhualong tengiに飛翔能力があったのかどうかは分かっていないし、非対称の羽毛は飛翔能力のある現生鳥類からも飛翔能力のない現生鳥類からも見つかっている。それでも今回の研究成果は、鳥類の初期の近縁種が既に高い空力特性を備えていたことを示唆しており、非対称の羽毛が進化した時期に関する手掛かりとなっている。

A new species of feathered dinosaur from China, which represents the earliest reported troodontid (bird-like maniraptoran dinosaur) with asymmetric feathers, is described in a study published in Nature Communications this week. Asymmetric feathers were a major innovation associated with the evolution of flight.

Xing Xu, Michael Pittman and colleagues identify the new species, Jianianhualong tengi, from a nearly complete skeleton with preserved feathers. The fossil dates from the Early Cretaceous (approximately 100-145 million years ago) and was found in north-eastern China.

It is not clear whether Jianianhualong tengi was capable of flight, and asymmetric feathers are found in both flying and non-flying modern species. Nevertheless, the findings suggest that enhanced aerodynamic properties were already present in the early relatives of birds, and provide insight into the timing of the evolution of asymmetric feathers.

doi: 10.1038/ncomms14972

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度