Research press release

【環境科学】ペンギンの運命を決めた火山噴火

Nature Communications

Environmental sciences: Volcanic eruptions sealed penguins' fate

南極半島に存在していたジェンツーペンギンの最古で最大のコロニーの1つが、火山の噴火によってたびたび絶滅に近い状態に追い込まれていたことを報告する論文が、今週掲載される。この研究結果によれば、このコロニーは過去7,000年間で少なくとも3回にわたって局所的な絶滅に近い被害を受け、その後400~800年をかけて回復したとされる。

南極半島の北部沖合に浮かぶアードレイ島には、多様性を示す大型のペンギンコロニーが存在している。しかし、この多様性が、温暖化と海氷面積の変化によって脅かされている。ジェンツーペンギンの個体数が増加している一方で、アデリーペンギンとヒゲペンギンの個体数が減少しているのだ。残念なことに、このコロニーに関する長期記録がないため、このコロニーの過去の変化の解明とそれによって今後の変化を予測する能力が制約を受けている。

今回、Stephen Robertsたちの研究グループは、アードレイ島の中央部にある湖の堆積層に長い年月をかけて蓄積されたペンギンのグアノ(排泄物が堆積固化した物質)から見つかった生物地球化学的特徴に基づいて約7,000年間のペンギンの個体数の記録を再構築し、情報不足の問題に取り組んだ。その結果、Robertsたちは、ペンギンのコロニーに最も大きな影響を及ぼしたのが気温や海氷状態の変化ではなく、近くにあるデセプション島での火山の爆発的噴火であり、火山灰が地表を覆い、少なくとも3回はコロニーの放棄に追い込まれたことを発見した。さらに、このグアノの記録からは、コロニーがこうした火山噴火から持続可能な回復を遂げるまでに400~800年かかったことも明らかになった。

One of the oldest and largest gentoo penguin colonies on the Antarctic Peninsula was periodically wiped out by an erupting volcano according to an article published in Nature Communications this week. The findings reveal at least three local near-extinction events over the past 7,000 years, from which it took the colony between 400 and 800 years to recover.

Ardley Island off the northern coast of the Antarctic Peninsula is home to a large and diverse colony of penguins. However, warming conditions and changes in sea-ice extent are threatening this diversity, with the gentoo population growing while the Adelie and chinstrap penguins decline. Unfortunately, our understanding of how this colony has changed in the past, and thus our ability to project future changes, is restricted by a lack of long-term records.

Stephen Roberts and colleagues attempted to address this gap in knowledge by reconstructing a 7,000-year-long record of penguin population based on biogeochemical signatures recovered from penguin guano that had accumulated over time in the sediments of the island's central lake. The authors discovered that rather than changing temperatures and sea-ice conditions, explosive eruptions of the volcano on nearby Deception Island had the most dramatic impact on the penguin colony, with blankets of ash resulting in colony abandonment on at least three occasions. The guano record further reveals that sustainable colony recovery lagged these eruptions by 400-800 years on average.

doi: 10.1038/ncomms14914

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度