Research press release

黒色腫の転移に重要な役割を果たす分子の発見

Nature Communications

A new player in metastatic melanoma

P-Rex1タンパク質が、転移性黒色腫で何らかの役割を担っていることが明らかになった。今回の研究は、P-Rex1が転移性黒色腫の新たな治療標的となる可能性を示唆している。 転移性黒色腫の患者は、従来の化学療法にほとんど反応しない傾向がある。変異型タンパク質を標的とする阻害剤が発売されて、がん遺伝子Brafの変異を持つ患者の治療につながったが、それと異なるタイプの黒色腫には別の治療法が必要とされる。今回、O Sansomたちは、P-Rex1を持たないマウスに、メラニン芽細胞の移動の異常を原因とする腹部の白化が起こることを明らかにした。Sansomたちは、細胞移動と転移が似た特徴をもつことから、P-Rex1が転移に関与している可能性があると考え、今回の研究で、P-Rex1ヌルマウスを黒色腫のマウスモデルと交配させたところ、転移が抑制された。そして、P-Rex1がヒト黒色腫の検体で過剰発現していることも明らかになった。したがって、今回得られた知見は、P-Rex1が黒色腫の転移に何らかの役割を果たしており、新しい薬剤標的となりうることを示唆している。

The protein P-Rex1 has a role in metastatic melanoma reports a paper published in Nature Communications this week. The work suggests that this protein may be a new therapeutic target for treating this disease. Patients with metastatic melanoma tend to respond poorly to conventional chemotherapy. The advent of inhibitors that target mutant proteins has led to the treatment of patients with a mutation in the oncogene Braf, however other therapies are required for different types of melanoma. Now, Owen Sansom and colleagues shown that a mouse lacking P-Rex1 develops a white belly that is caused by a defect in melanoblast migration. Because migration and metastasis share similar features they reason that P-Rex1 may be involved in metastasis, and indeed they show that when the P-Rex1 null mice were crossed to a mouse model of melanoma they saw reduced metastases. The authors found that P-Rex1 was also shown to be over-expressed in human melanoma samples. Thus, these findings suggest that P-Rex1 has a role in melanoma metastasis and could be a potential new drug target.

doi: 10.1038/ncomms1560

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度