Research press release

【遺伝】母系世襲による権力継承が行われていた初期の複雑な社会

Nature Communications

Genetics: Early complex society passed power down the maternal line

先史時代に現在の米国ニューメキシコ州にあたる地域に存在していた複雑な社会に関するゲノム解析が行われ、エリートの地位が母系で継承されていたことが示唆されている。今回の研究では、DNAから古い時代の家族的階層関係が推定され、指導者の地位の世襲の文化的起源を解明する上で1つの手掛かりが得られた。この成果を報告する論文が、今週掲載される。

北米における最初期の複雑な社会の1つである「チャコ」社会の人々は、米国南西部のチャコ渓谷にあった2階以上の巨大な石造建造物(「グレートハウス」)で暮らしていた。最大のグレートハウスはプエブロ・ボニートにあり、約650の部屋があった。今回、Douglas Kennettの研究チームは、このグレートハウスの33号室に埋葬されていた9人の遺骸からDNAを採取した。33号室は、チャコ社会で地位の高い者とその直系の子孫のための精巧な地下埋葬場だと考えられている。また、DNA解析の結果、埋葬されていた個体のミトコンドリアゲノムが同じであることが判明した。これは、埋葬者全員が同じ母方の家系に属することの徴候だ。これらの埋葬者は、数世代にわたっており、330年間に順番に埋葬されていた。以上の知見を総合すると、チャコ社会では、9世紀前半には高度の社会的分化と社会的複雑度が存在したことが示されている。また、チャコ社会では、1130年頃に社会が崩壊するまで指導者の地位が母系で継承されていた。

権力の世襲は、書記体系をもつ古代社会(エジプト、古代マヤなど)における初期の政治的複雑性と統治の1つの特徴だが、その文化的起源については、チャコのような先史時代の複雑な社会に書記体系がなかったため、解明が難しくなっている。チャコ社会に権力の上下関係があったと考えられることは認められているが、この階層構造の性質については論争があり、今回の研究は、この論争に決着をつける上で役立つと考えられる。

Genomic analyses of a complex prehistoric society from New Mexico suggest that elite status was passed down through the maternal line. The study, reported this week in Nature Communications, infers ancient familial, hierarchical relationships from DNA and sheds light on the cultural origins of hereditary leadership.

The Chacoans, one of North America’s earliest complex societies, lived in massive, multi-storied masonry buildings referred to as great houses, in the Chaco Canyon in the southwestern United States. Douglas Kennett and colleagues collected DNA from nine individuals buried in Room 33 inside Pueblo Bonito, the largest of these great houses with around 650 rooms. Room 33 is thought to be an elaborate burial crypt for a high status member of this community and his lineal descendants. Analysis revealed that the individuals had identical mitochondrial genomes, a sign that they all belonged to the same maternal lineage. They were interred sequentially over a 330 year period and spanned multiple generations. Collectively, the finds indicate that a high degree of social differentiation and societal complexity existed in Chaco by the early 9th century. Leadership was then passed down the female line until the society’s collapse around 1130 CE.

Hereditary leadership is a hallmark of early political complexity and governance amongst ancient societies that had writing systems, such as the Egyptians and ancient Mayans. Its cultural roots are, however, difficult to fathom because prehistoric complex societies, such as Chaco, lacked writing. It is acknowledged that some Chacoans would have had more power than others, but the nature of this hierarchy has been disputed. This study helps to resolve that debate.

doi: 10.1038/ncomms14115 | 英語の原文

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

注目のハイライト

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

プライバシーマーク制度