Research press release

【化石】妊娠状態の古爬虫類の化石が見つかった

Nature Communications

Fossils: Ancient reptile gave birth to live young

約2億4500万年前の妊娠状態の爬虫類の化石が発見されたことを報告する論文が、今週掲載される。この化石は、爬虫類の一群である主竜様類の化石であり、この分類群には、恐竜と鳥類、ワニ類などが含まれている。また、この爬虫類は、産卵ではなく、生仔を出産していたこと(胎生であること)がわかった。胎生の主竜様類は、これまで知られていなかった。

胎生は、多くの種類の動物において独立に進化した。しかし、現生の鳥類とワニ類は、全て産卵によって繁殖しており、このことは、これらの系統の生物に対して、胎生を妨げる生物学的制約が加わっていることを示唆している。

今回、Jun Liuの研究チームは、首の長い水生爬虫類のディノケファロサウルスの化石標本が中国で新たに発見され、その年代が三畳紀中期と決定されたことを説明している。これはディノケファロサウルスの成体の化石であり、その腹部には発生が進んだ胚が保存されており、胎生の証拠となっている。この知見は、主竜様類全体において胎生に対する障害のないことを示唆している。

また、Liuたちがディノケファロサウルスの進化史を解析したところ、仔の性別が遺伝的に決まることが明らかになった。この点は、環境温度によって性別が決まる近縁種(ワニ類と一部のカメ類など)とは異なっている。Liuたちは、体内温度の調節が温度依存性の性決定と両立しないことから、ディノケファロサウルスにおいて遺伝的性決定が胎生の前提条件になっている可能性があるという結論を示している。

A fossil of a pregnant reptile from approximately 245 million years ago is described in Nature Communications this week. This discovery indicates that this archosauromorph reptile, which belongs to the same group as dinosaurs, birds and crocodilians, gave birth to live young rather than laying eggs. Live birth was previously not known in any archosauromorph.

Live birth has evolved independently in many types of animals. However, modern birds and crocodilians all reproduce by laying eggs, which has suggested a biological constraint preventing live birth in this lineage.

Jun Liu and colleagues describe a new fossil specimen of Dinocephalosaurus, a long-necked, aquatic reptile found in China and dating from the Middle Triassic. A developmentally advanced embryo is preserved within the abdomen of the adult Dinocephalosaurus, providing evidence of live birth. This finding suggests that there is no general impediment against live birth in the archosauramorphs.

Analysis of the evolutionary history of Dinocephalosaurus indicates that the sex of offspring was determined genetically. This differs from related species, such as crocodilians and some turtles, in which the sex is determined by temperature. The authors conclude that genetic sex determination may have been a precondition for live birth in Dinocephalosaurus, since internal body temperature regulation is not compatible with temperature-dependent sex determination.

doi: 10.1038/ncomms14445

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度