Research press release

【微生物学】結核治療のための投薬計画の改善

Nature Communications

Microbiology: Improving tuberculosis therapies

結核のマウスモデルを使った研究で、投与する抗生物質の組み合わせと用量を最適化することで治療期間が大きく短縮されることが明らかになった。この研究結果を報告する論文が、今週掲載される。

現在の抗生物質による結核の治療では、6~8カ月にわたって4種類の抗生物質を服用するのが通例だ。この投薬計画は、有害な副作用を伴うことが多く、この治療を完了できない患者も多い。今回、Marcus Horwitzの研究チームは、結核に感染したマウスを使って、数多くの抗生物質の組み合わせと用量の候補の一部を試験し、数理モデルを用いて試験結果を解析して最も有効な薬剤と用量の組み合わせを予測した。その結果、Horwitzたちは、標準的な治療法より迅速に結核菌を死滅させ、無再発治癒までの治療期間を最大75%短縮できる2つの有望な投薬計画を明らかにした。

Horwitzたちは、過去に結核感染のin vitroモデルを用いて同じような方法で研究を行っており、その際にはマウスではなく、培養したマクロファージが用いられた。これに対して、今回の研究は、薬剤と用量の組み合わせの安全性と有効性を生きた動物で検証した点が重要だ。この新知見をヒトに役立てられるかどうかを見極めるには、さらなる研究が必要とされる。

Optimised combinations and doses of antibiotics are shown to greatly reduce treatment time in a mouse model of tuberculosis, reports a study published in Nature Communications.

Current antibiotic therapies for tuberculosis usually involve taking a combination of four antibiotics for six to eight months. This regimen is often associated with adverse side effects and many patients fail to complete the treatment. Marcus Horwitz and colleagues test a subset of the many possible combinations of antibiotics and doses in infected mice, and analyse this information using a mathematical model to predict the most effective drug-dose combinations. They go on to show that two of the promising new treatments kill tuberculosis bacteria more rapidly and reduce treatment time to relapse-free cure by up to 75% in mice when compared with the standard treatment.

The authors have previously used a similar approach with an in vitro model of infection, using macrophages in culture instead of mice. However, it is important that the present work validates the safety and efficacy of the drug-dose combinations in living animals. Further studies are needed to examine whether the findings can be translated to humans.

doi: 10.1038/ncomms14183

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度