Research press release

人間行動:心臓の拍動に応じて人種的偏見の表現が変化する

Nature Communications

Human behaviour: Racial biases change in a heartbeat

それぞれの心拍で人間の心臓から脳に送られる信号によって一部の人種に対する偏見の表現が強くなったり弱くなったりする可能性を報告する論文が掲載される。今回の研究では、もともと存在している人種的偏見に基づく脅威の認識が、脅威情報の処理が心臓の収縮期に起こるのか拡張期に起こるのかによって異なることが明らかになった。

黒人が害を及ぼさない物体を所持しているという状況で、この物体が武器と誤認される確率は、白人が所持する場合より高いことが過去の研究で実証されている。また、黒人の顔を見せられた被験者の一部で脳内の脅威シグナルの伝達が活性化し、この人種的偏見が不安状態やストレス状態において誇張されることが複数の研究で示唆されている。さらに、脳の活動に影響する心血管の覚醒レベルに応じて、情動的刺激が認識される強度が変わることも明らかになっている。

今回、Manos Tsakiris、Ruben Azevedoたちの研究チームは、心臓から脳に送られる信号が人種的偏見の表現に及ぼす影響を調べるために、人種的偏見を測定するために一般的に使用される試験(weapons identification taskとfirst person shooter task)に参加した32人の被験者の心拍を監視した。それぞれの検査では、あらかじめ白人の顔を見せられた被験者と黒人の顔を見せられた被験者に刺激(拳銃(標的)または携帯電話、手工具などの害を及ぼさない物体)を実際に与えて、この刺激を武器と誤認した者が占める割合を比較した。その結果、黒人の顔によるプライミング刺激を与えられた被験者の方が武器と誤認することが多いことが判明した。今回の研究では、このプライミング刺激を与える時期が被験者の心拍との関係で注意深く制御された。そして、Tsakirisたちは、黒人が害を及ぼさない物体を所持している場合にその物体を武器と誤認する確率が高くなるという人種的偏見の表現が主に観察されるのは、心臓の拡張期ではなく収縮期に顔の刺激が提示された場合であることを明らかにした。

以上の研究結果により、すでに知られている脳の周辺の身体部分から脳へのシグナル伝達の機能が、人種に関する否定的固定観念の表現において果たす役割まで拡張した。

Expression of some racial biases may be modulated by the signals that our heart sends to the brain on every beat, reports a study published in Nature Communications. The research shows that perception of threat based on pre-existing racial biases differs depending on whether the information is processed during or between heartbeats.

Previous research has demonstrated that harmless objects are misidentified as weapons more often when held by black individuals than by white individuals. Studies have also suggested that in some people, faces of black individuals activate threat signalling in the brain and this bias is exaggerated in states of anxiety and stress. In addition, emotional stimuli have been shown to be perceived more intensely based on the level of cardiovascular arousal, which influences brain activity.

To investigate the influence of the signals from the heart to the brain on the expression of racial bias, Manos Tsakiris, Ruben Azevedo and colleagues monitored the heart rhythm in 32 people participating in tests that are routinely used to measure racial bias: the weapons identification task and the first person shooter task. In both tasks a face of either a white or a black man is shown before the actual test stimulus, which could be either a gun (target) or harmless objects such as a phone or hand tool, and the proportion of weapon misidentification is compared. Subjects misidentify objects as weapons more often when ‘primed’ with a black face. Here the researchers carefully controlled the timing of this priming stimulus in relation to the participants’ heartbeats. They found that racial bias, expressed as a greater likelihood to perceive harmless object as a gun when held by a black individual, was mainly observed when the face stimuli were presented during the heartbeat, rather than between heartbeats.

doi: 10.1038/ncomms13854

「Nature 関連誌注目のハイライト」は、ネイチャー広報部門が報道関係者向けに作成したリリースを翻訳したものです。より正確かつ詳細な情報が必要な場合には、必ず原著論文をご覧ください。

メールマガジンリストの「Nature 関連誌今週のハイライト」にチェックをいれていただきますと、毎週最新のNature 関連誌のハイライトを皆様にお届けいたします。

「注目のハイライト」記事一覧へ戻る

プライバシーマーク制度